Record China

ヘッドライン:

韓国、日本植民地時代の被害者名簿を「世界記憶遺産」登録へ=「ユネスコの趣旨と一致する」―韓国メディア

配信日時:2013年12月3日(火) 11時2分
拡大
2日、韓国メディアによると、韓国学術界は、日本が朝鮮半島を植民地支配した時期の数十万の強制労働者の名簿をユネスコの「世界記憶遺産」に登録する方案の提出を検討しているという。資料写真。
(1/2枚)

2013年12月2日、韓国メディアによると、韓国学界は、日本が朝鮮半島を植民地支配した時期の数十万の強制労働者の名簿を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界記憶遺産」に登録する方案の提出を検討しているという。3日付で新華網が伝えた。

その他の写真

韓国・聯合ニュースによると、先ごろ韓国駐日本大使館で発見された「日本帝国主義時代に強制徴用された者の名簿」の中には、22万9000人余りの韓国人の名前が記されていた。韓国政府が1950年代に整理したこの資料によれば、これらの韓国人は第2次大戦期に日本によって強制徴用されていた。

このほか、韓国政府は1957年と2005年にも資料をまとめており、それぞれ28万5000人、11万人の強制労働者の名前が記されている。

ソウルの崇実大学歴史学教授の黄民浩氏は、「これらの文献資料の価値を考慮し、韓国歴史学界は現在、ユネスコの『世界記憶遺産』に登録する方案をまとめている」とした。同氏は「被害者名簿は文化遺産。ユネスコの“文化財産の発見と保護”という趣旨と一致する」とした上で、「我々はこれらの資料を活用し、人々に平和と人権の重要性を訴えていきたい」とした。(翻訳・編集/北田

関連記事

「日本がどれだけの悪事を行ったか明らかに」=関東大震災時の朝鮮人虐殺で新資料―中国メディア

24日、中国新聞網は記事「関東大震災での朝鮮人虐殺の罪、韓国史料が暴露」を掲載した。韓国外務省の趙泰永報道官は19日の会見で、「日本が過去にどれだけの悪事を行ったか、改めて明らかになった」と発言している。資料写真。

Record China
2013年11月25日 9時9分
続きを読む

韓国「帝国主義占領期被害者名簿」発見=「日本の悪行が新たに証明された」新たな賠償請求も―中国メディア

19日、韓国政府は、日本による「帝国主義占領期」の被害者名簿3部を公開した。韓国メディアは、被害者が新たに公開された資料を根拠として訴訟を起こすことができるため、これをきっかけに再び日本に賠償請求する可能性が高いと伝えている。資料写真。

Record China
2013年11月22日 11時33分
続きを読む

ランキング