Record China

ヘッドライン:

「韓国のNO JAPANは成功」と韓国メディア、ネット「『どうぶつの森』がはやってるみたい」

配信日時:2020年4月19日(日) 7時0分
拡大
17日、韓国・ニュース1は、韓国に進出している日本企業が昨年の「NO JAPAN」の直撃弾を受けたとし、「成功した」と報じた。写真はソウル。

2020年4月17日、韓国・ニュース1は、「韓国に進出している日本企業が昨年のNO JAPANの直撃弾を受けた」とし、「(不買運動は)成功した」と報じた。

韓国金融監督院の電子公示システムによると、デサント・コリアの昨年の営業利益は90億ウォン(約7億9740億円)と、前年の679億ウォン(約60億1590万円)に比べて78%急減したことが分かった。また、無印良品は不買運動の影響で、昨年71億ウォン(約6億2900万円)の営業損失を出し赤字転落したという。

このほか、ライオン・コリアやミズノ・コリアなど日本ブランドの多くも業績が悪化したと記事は伝えている。

これに先立ち、ロッテショッピングの監査報告書では、韓国でユニクロやGUを販売するエフアール・コリアの売り上げも9749億ウォン(約863億7520万円)と2014年以来初めて1兆ウォンを下回り、営業損失19億ウォン(約1億6830万円)で赤字に転落したことも分かっている。

一方で、記事は「一部企業は寄付金を増やし、韓国の消費者の『なだめ作戦』に乗り出した」と指摘。「これまで日本をはじめ外資系企業は、韓国で莫大(ばくだい)な利益を上げながらも社会貢献に消極的という指摘を受けてきたことから、『客足を取り戻すため寄付金を増やしたのではないか』という反応も出ている」と伝えた。

これを受け、韓国のネット上では「不買がライフスタイル化した!」「独立運動はできなかったけど、不買運動は最後まで頑張ろう」「経営悪化で韓国から撤退するその日まで不買を続ける」など意気込むコメントが寄せられている。

また、「みんな(不買運動を)頑張ってる。一方で『どうぶつの森』がはやってるみたいだけど、もっと面白いゲームはあるし、わざわざ並んで買ったり動画をアップする人がいて不快」「ABCマートも黒字みたいだけど、誰が買ってるの?」「YouTube見たらこんな時期なのにロッテワールドは人がたくさんだし、敷地に入ってるユニクロも人が多かった」「これが減ったと言える?日本での韓国製品の消費を考えてみなよ」など、不満げなコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング