Record China

ヘッドライン:

中国大使館、読売新聞を批判「中国共産党を公然と中傷」―仏メディア

配信日時:2020年4月15日(水) 11時20分
拡大
仏RFIの中国版サイトは14日、日本にある中国大使館が、「中国共産党を公然と中傷した」として日本の読売新聞を批判したと報じた。

仏RFIの中国版サイトは14日、日本にある中国大使館が、「中国共産党を公然と中傷した」として日本の読売新聞を批判したと報じた。

記事によると、読売新聞の中国総局長、竹内誠一郎氏は12日、同紙のコラム「ワールドビュー」で、中国の新型コロナウイルス対応は中国共産党体制の「謝らない」体質を示しているとし、中国共産党体制の正当性は誤りのない統治という「無謬(むびゅう)神話」に支えられているなどと指摘した。

これについて、日本にある中国大使館は14日、ホームページに掲載した報道官談話で、「中国の新型コロナウイルスへの対応が不適切で、情報が不透明だとでたらめを言いふらし、中国共産党や中国の政治体制を公然と中傷することさえした」とし、「強烈な不満と断固とした反対」を表明した。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング