海外に足止めの韓国人、日本のチャーター便で帰国へ=韓国ネット「ありがとう」

Record China    2020年4月15日(水) 12時40分

拡大

14日、韓国・聯合ニュースは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、海外で足止めとなった韓国人を日本が手配した航空便で韓国に帰国させるといった日韓協力が行われていると報じた。写真は韓国・仁川国際空港。

2020年4月14日、韓国・聯合ニュースは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、海外で足止めとなった韓国人を、日本が手配した航空便で韓国に帰国させるといった日韓の協力が行われていると報じた。

韓国の外交部が明らかにしたところによると、インドにあるトヨタ自動車の工場の労働者を日本に帰国させるために手配した臨時便に、日本政府の提案で韓国人2人が搭乗できることになった。2人は日本経由で韓国に帰国するという。スーダンでも日本の国際協力機構(JICA)が手配したチャーター機に韓国人6人が同乗し、エチオピア経由で帰国の途に就く。

記事によると、新型コロナウイルスの感染拡大以降、日本が単独で手配したチャーター機に韓国人が同乗したのは初めてという。

一方、韓国が手配したチャーター機では、日本人がマダガスカルやケニア、フィリピンなどから帰国したという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「政治的な問題とは切り離して、隣国が人道的な手助けをするというのは素晴らしいこと」「隣国同士助け合って、この危機を乗り越えよう」「互いに協力し合える関係を築いてこそ両国は発展し、成長する」「外交面では最悪だけれど、日常では互いに助け、助けられている」などと、日韓関係が冷え込む中で行われている両国の協力に、歓迎する声が上がっている。

また、「早く両国の関係が改善されるといい」「ありがとう、日本。互いに和解できることを願う」などと、今後の日韓関係改善につながることを願うコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携