韓国総選挙、障害者への投票案内文に「選挙介入」疑惑=ネットユーザーも混乱

Record China    2020年4月15日(水) 22時20分

拡大

13日、韓国・ニュース1によると、国会議員総選挙の投開票を15日に控え、ある施設で配布された投票案内文の内容に、保守系最大野党議員が「政府による選挙介入ではないか」という疑惑を提起した。写真は韓国。

2020年4月13日、韓国・ニュース1によると、国会議員総選挙の投開票を15日に控え、ある施設で配布された投票案内文の内容に、保守系最大野党議員が「政府による選挙介入ではないか」という疑惑を提起した。

保守系最大野党・未来統合党の郭尚道(クァク・サンド)議員によると、ソウル市江南(カンナム)区のある福祉法人が管内の障害者に、10~11日の期日前投票と15日の投票について手順を説明する案内文を配布した。その案内文について郭議員は「ハンコは1番だけに押してください」という文言があると説明したという。

韓国の選挙では候補者に番号が振られており、所属政党の議席数で決まるため、与党「共に民主党」に所属する候補者は「1番」ということになる。また投票では、投票用紙に候補者の番号や名前などが記されており、投票したい候補にハンコを押す形になっている。

郭議員は、「選挙直前に『ハンコは1番に』と言われれば、共に民主党に投票しろという意味だと受け取る」としており、選挙介入疑惑を明らかにするため告発する予定だという。

郭議員側は、この福祉法人がソウル市から90%、江南区庁から10%、運営費支援を受けていることを、選挙疑惑の根拠としている。江南区庁は「福祉法人は区庁が運営する機関ではなく、投票案内文も法人側が自主的に作成したもので、江南区庁とは何ら関係ない」としている。

この記事に、「1(ハン)番(ボン)だけ押してください」という表現をめぐり、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。韓国語で「ハンボン」と書くと、「1番」という意味だけでなく、「一回」「一度」という意味にも解釈できる。後者なら「投票のハンコは一度だけ押してください」という説明文ということになる。

そのため、「ハンコを一度だけ押すように言ってるだけでしょ。国語の勉強をし直してきて」「疑惑だなんて、恥ずかしい」「郭尚道は落選しそうでビビッてるんだな」という郭議員への批判コメントが多く見られる一方で、「確かに文章に問題がある。『一度』と『1番』じゃ全然違うな」「ハングルで『一度』と書かず、数字を混ぜるから番号に見えるんだ」など、説明文の不備を指摘する声も多く上がっている。

読解力を問うコメント合戦となる中、「ハンコを2回押したら無効になります、と書いたら分かりやすいね」「こういうものは何度も検討して、あいまいな表現がないようにしないといけない。他意はなかったとしても、これは問題があるよ」などの意見も寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携