Record China

ヘッドライン:

韓国の総選挙、北朝鮮の元エリート外交官が当選=韓国ネットは「南北統一のために力を」と期待

配信日時:2020年4月17日(金) 12時50分
拡大
16日、韓国・国民日報などは、15日に行われた同国の国会議員を選ぶ総選挙に、北朝鮮から亡命した元エリート外交官が当選したと報じた。写真は韓国。

2020年4月16日、韓国・国民日報などは、15日に行われた同国の国会議員を選ぶ総選挙に、北朝鮮から亡命した元エリート外交官が当選したと報じた。過去の韓国の総選挙で脱北者が比例候補として出馬し当選した例はあるが、選挙区では初めてという。

記事によると、当選したのは保守系最大野党「未来統合党」の太救民(テ・グミン)氏。太氏は、北朝鮮の平壌(ピョンヤン)国際関係大学を卒業後、駐英北朝鮮公使や同国外務省欧州副局長などを歴任した「北朝鮮エリート」出身の脱北者という。2016年8月に家族とともに脱北し、ドイツ経由で韓国に亡命したという。

脱北後は、国家情報院傘下の国家安全戦略研究院の諮問研究委員を務めていたが、2月に未来統合党から擁立された。候補登録時には、北朝鮮当局によるテロの脅威を避けるため「太永浩(テ・ヨンホ)」から「太救民」に改名。ソウル市江南(カンナム)区の選挙区から出馬した。

太氏は16日未明、当選が確実となると、ソウル市内の選挙事務所で韓国の国歌を歌って涙を流し、「私はこれが南北の住民が和解、和合し、統一へと向かう一歩になると考えている」と述べたという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「南北統一のために力を尽くして」「北朝鮮に精通している人が対北政策を担うべき」「経験と能力を生かし、正しく、クリーンな政治を」「さまざまな先入観を排除して太氏を1人の人として見た時、立派な人だ」などと、太氏を評価し、今後の政治活動に期待する声が上がっている。

また「自由を求めて韓国に来て、自由な韓国のために仕事をする立場になった。涙が出てくる」「北朝鮮でエリート外交官だった人が韓国に来て国会議員となり、韓国の国歌を歌う姿を見て、自由民主主義は素晴らしいと感じた」などと感慨深げにコメントを寄せるユーザーも。

一方、「韓国に亡命して4年で、国家機密に触れることもあり得る国会議員になるというのはいかがなものか」「果たしてこの人に何ができる?」などといった声も上がっている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「低レベル」に終わった南北会談、北朝鮮は怒りを露わに=韓国ネット「なぜ韓国が解決を?」「民族統一のために頑張れ」

韓国と北朝鮮は13日、第4回南北高位級会談を板門店で行った。会談で双方は、9月に南北首脳会談を平壌で行うことで合意したが、韓国・国民日報は、「具体的な日程を決めない『低レベル』の合意にとどまった」と評価している。写真は南北境界の38度線付近。

Record China
2018年8月15日 6時20分
続きを読む

ランキング