星野源「うちで踊ろう」台湾でもコラボの輪、ロックバンドMaydayや人気ミュージシャンら

Record China    2020年4月13日(月) 13時20分

拡大

シンガーソングライターの星野源がコラボを呼び掛けた「うちで踊ろう」の動画に、台湾からも人気ロックバンドのMaydayやCosmos Peopleなどのメンバーが参加してネットユーザーを楽しませている。

(1 / 2 枚)

シンガーソングライターの星野源がコラボを呼び掛けた「うちで踊ろう」の動画に、台湾からも人気ロックバンドのMayday(五月天)やCosmos People(宇宙人)などのメンバーが参加してネットユーザーを楽しませている。

その他の写真

「うちで踊ろう」は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、星野源が「家でじっとしていたらできた」という楽曲の動画に、楽器の伴奏やコーラス、ダンスを添えてくれるようネット上で公開した企画。すでに日本では数々の人気タレントが参加しているが、これが台湾でも話題になり、ミュージシャンたちが名乗りを上げている。

最初に「在家跳舞吧」(うちで踊ろう)のハッシュタグをつけて動画を公開したのは、トリオバンドのCosmos Peopleでベースを担当する方Q(ファンキュー)だった。さらに同じくCosmos Peopleの阿奎(アークェ)と小玉(シャオユイ)、ロックバンドの831(八三夭)の劉逼 (リウビー)や阿電(アーディエン)、男性ミュージシャンのグーグー(鼓鼓)らも参加。台湾を代表するロックバンドのMayday(五月天)から参加したモンスター(怪獣)は、今年1月末の旧正月以来のインスタグラム更新となり、ファンを喜ばせている。

グーグーと831の劉逼は、星野源のポップな楽曲をロックテイストに仕立て上げるなど、それぞれの個性を生かしたコラボやアレンジがネットユーザーの間で話題になっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携