Record China

ヘッドライン:

こどもの日を前に韓国で“任天堂戦争”、1000人行列で混乱も?=韓国ネット「情けない」「我慢できない」

配信日時:2020年5月5日(火) 8時40分
拡大
4日、韓国・朝鮮日報は、5日のこどもの日を前に、任天堂のゲーム機をめぐり「ゾンビ映画を彷彿させる購入戦争が起きている」と報じた。写真はスイッチ。

2020年5月4日、韓国・朝鮮日報は、5日のこどもの日を前に、任天堂のゲーム機をめぐり「ゾンビ映画を彷彿させる購入戦争が起きている」と報じた。

記事によると、任天堂の「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」は新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛の影響で韓国でも人気を博しており、4月初めから品切れ状態が続いていた。インターネット上では定価の2倍近い値段で売られているという。

今月5日のこどもの日を含む連休を前に、需要はさらに増えている。水原のある大型マートには先月30日、「スイッチが45台入荷された」との情報を聞きつけた客が長蛇の列を作った。マート側はこの日のために抽選権を300枚用意していた。しかし実際には約1000人の客が集まり、マート側が「こんなに多くの人が集まるとは思わなかった」と謝罪する事態となったという。スイッチ関連のインターネット掲示板には「購入するため前日の夜から並んだ」「オープンと同時に客が流れ込んでシャッターが壊れていた」「転んだ子どもが踏みつぶされていた」などの証言が相次いだという。また、こうした事態を防止するためオンラインでの販売のみに切り替えたところもあるそうだ。

任天堂コリアは事態を鎮静化させるべく、ウェブページなどを通じて「どうぶつの森セットは限定版ではない。今後も出荷の予定がある」と強調しているという。

この記事に韓国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられているが、韓国では昨年夏から日本製品不買運動が行われていることから「任天堂は日本製品じゃないようだ」「日本に笑われる」「選択式不買運動が最も情けない」など批判的な声が目立つ。

一方で「任天堂の不買は無理だよ」「このゲームは面白過ぎるから仕方ない。韓国の会社には作れないし、愛国心で我慢できるものでもない」と理解を示す声や、「ノージャパン運動が終わってよかった。日本に行きたいのに周りの目が怖くで行けなかったから」「スイッチを買う人も正常、買わない人も正常。不買ムードのために買わない人はおかしい」と不買運動に疑問を示す声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング