Record China

ヘッドライン:

5月のゴールデンウイークに武漢へ遊びに行ってもよいのか?―中国メディア

配信日時:2020年4月20日(月) 5時30分
拡大
16日、中国メディアの新京報は、5月のゴールデンウイークに湖北省武漢市へ遊びに行ってもよいのかについて、武漢副市長の回答を伝えた。写真は封鎖解除後の武漢市。

2020年4月16日、中国メディアの新京報は、5月のゴールデンウイークに湖北省武漢市へ遊びに行ってもよいのかについて、武漢副市長の回答を伝えた。

記事は、副市長の胡亜波(フー・ヤーボー)氏が、中国中央テレビのインタビューに応じたことを紹介。この中で胡副市長は、武漢市の封鎖が解除されてから、航空や鉄道などの方法で武漢市を出入りした人の数が延べ約66万1000人に達し、このうち武漢市を離れた人は33万6000人、武漢市に入った人が32万5000人だったことを明らかにした。

また、自家用車など道路から武漢市に出入りした人はさらに多く、延べ約312万人となり、このうち武漢市を離れた人が154万人、武漢市に入った人が158万人で、現在のところ武漢市に入る人の方が多いと伝えた。

その上で、5月のゴールデンウイークに武漢市へ遊びに行ってもよいのかという質問に対し、胡副市長は「ゴールデンウイークに武漢市へ遊びに来ることに何の問題もないはずだ。自家用車や飛行機、高速鉄道などの方法で武漢市へ来ることができる。そのころの武漢市は1年の中でも最も美しい季節で、東湖緑道を散策してもよいし、黄鶴楼から長江を眺めるのもよい。新型コロナウイルスの状況がさらに良くなれば、戸部巷で武漢のB級グルメを食べることもできる。皆さんが武漢へ来ることを歓迎する」と語った。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「病例数隠ぺい」なら武漢封鎖を解除できるか?=張文広教授

4月11日、上海復旦大学付属の華山病院感染科部長で、上海市新型肺炎医療救助専門家グループ長を務める張文広教授が上海で人民日報の独占インタビューを受けました。その際、張教授は「感染症は感染が遮断されれば、コントロールできるものである。今の情況はとても複雑で、新型肺炎の世界中での感...

CRI online
2020年4月12日 11時30分
続きを読む

イタリア共産党総書記「武漢の封鎖解除が自信もたらす」

市外への移動規制が70日余り続いた武漢では、8日午前0時から封鎖が正式に解除されました。これを受け、イタリア共産党のマウロ・アルボレシ総書記は、チャイナ・メディア・グループ(CMG)のインタビューに対し、「武漢の封鎖解除は、中国の対策と経験は効果あるものだと実証され、今も感染症...

CRI online
2020年4月9日 13時40分
続きを読む

ランキング