シャープとサムスンがLCD取引を再開?=韓国ネットでは賛否

Record China    2020年4月13日(月) 11時50分

拡大

10日、韓国・中央日報は「シャープと関係を切ったサムスン電子が、液晶パネル取引を再開する方向で検討している」と報じた。資料写真。

2020年4月10日、韓国紙・中央日報は「シャープと関係を切ったサムスン電子が、液晶パネル(LCD)取引を再開する方向で検討している」と報じた。

記事によると、台湾のデジタイムズをはじめ海外メディアは最近、シャープとサムスンがLCDの取引関係を復元することにしたと報道した。昨年だけでもシャープは2~3回にわたりサムスン電子にLCDの供給再開を要請したが、断られたと伝えられている。これに対し、サムスンの関係者は「まだ納品再開が確定したわけではないが、以前とはムードが異なる」と説明しているという。

両社は以前は良好な関係を築いており、2013年には経営難に陥ったシャープを救済すべく、サムスン電子がシャープの株式のうち3%を買入れた。しかし、16年にフォックスコンがシャープを買収して以降関係が遠のくことに。きっかけは同年12月にシャープが突然サムスンへのLCD納品を中断したことだった。記事は、フォックスコンの郭台銘(米国名テリー・ゴウ)会長について「普段から『打倒サムスン、打倒韓国』をスローガンにしている人物だ」と伝えている。突然の納品中断に、当時サムスン電子はLGディスプレーからLCDパネル約70万台の供給を受けてこの危機を乗り切ったという。ライバルとも言えるサムスンとLGの関係を考えれば、異例の措置だったという。

サムスンがLCD撤退計画を本格化する中で、中国メーカーの動きが次第に加速しており、サムスンディスプレーの蘇州LCD工場をめぐっては、中国内ディスプレーメーカートップのBOEやチャイナスターが買収するとの分析が出ているという。

これを受け、韓国のネット上では「シャープとサムスンは1990年代に本当に関係の深かった企業。結局、サムスンは一度交わした義理は捨てないんだね」「また別のライバル関係にならなきゃいけないのは(資本主義だから)仕方ないけど、共存できたらもっといいのに」と関係復元を願う声が上がっている。一方で「フォックスコンは韓国に対して敵意を抱いてる企業。選択の余地があるのなら、彼らと取引する必要はない」「シャープじゃなくて韓国のLGと取引した方が国益につながるんじゃない?」「あえて仲の悪いシャープ製品を使う必要ある?LGのパネルを使った方が製品イメージも良くなるよ」「韓国の企業同士助け合おう」などLGとの協力強化を期待する声が多く上がっている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

経済 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携