Record China

ヘッドライン:

「陳情令」のシャオ・ジャンとワン・イーボー、「最もときめくアジアスター100人」韓国勢と人気争う

配信日時:2020年4月10日(金) 23時50分
拡大
海外エンタメサイトStarmometer.comによるアジアの男性スターを対象にした「最もときめくアジアスター100人」の人気投票で、中国からはドラマ「陳情令」の主演コンビがベスト10入りしている。
(1/4枚)

海外エンタメサイトStarmometer.comによるアジアの男性スターを対象にした「最もときめくアジアスター100人」(Asian Heartthrobs of 2020)の人気投票で、中国からはドラマ「陳情令」の主演コンビがベスト10入りしている。

その他の写真

2020年版「最もときめくアジアスター100人」の1位に選ばれたのは、韓国の人気グループBTS(防弾少年団)のV(キム・テヒョン)。BTSメンバーがトップ4を独占し、2位から4位にはジョングク、ジン、ジミンが選ばれている。5位はアイドルグループNCTのジェヒョンで、韓流アイドルが上位を占めている。

中華圏からの最高位となったのが、8位に入った中国出身のシャオ・ジャン(肖戦)。2016年に男性アイドルグループX NINEのメンバーとしてデビューし、日本でも放送中の武侠ファンタジードラマ「陳情令」で昨年、大ブレークを果たした。

トップ10圏内で中華圏からはもう1人、ワン・イーボー(王一博)が10位に選ばれた。中国出身で22歳のワン・イーボーは、13歳で韓国の芸能事務所の練習生となり、17歳でUNIQのメンバーとしてデビュー。昨年、「陳情令」でシャオ・ジャンとダブル主演して人気が急上昇した。

「最もときめくアジアスター100人」ではこのほか、韓流グループEXOの華人メンバーだったクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)、ドラマ「あったかいロマンス」で人気急上昇したリン・イー(林一)をはじめ、フー・イーティエン(胡一天)、ワン・ホーディー(王鶴棣)といった若手俳優たちが選ばれている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング