Record China

ヘッドライン:

日本製品を買うため行列…韓国の教授が「最小限のプライド守って」と批判

配信日時:2020年4月10日(金) 6時50分
拡大
8日、韓国・YTNは、同国の広報活動を担う大学教授が、先月に任天堂が発売したゲーム機セットが韓国内で人気を集めたことに関連し、選択的不買運動を批判したと伝えた。写真は誠信女子大学。

2020年4月8日、韓国・YTNによると、同国の広報活動を担う誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が、先月に任天堂が発売したゲーム機セット「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」が日本製品の不買運動が続く韓国内で人気を集めたことに関連し、「最小限のプライドは守ってほしい」と批判した。

記事によると、徐教授はインターネット交流サイト・フェイスブックで「(ネットユーザーから提供された)写真を見ると、任天堂のゲーム機が発売された先月末、新型コロナウイルスが懸念される中でも市民たちが製品を買うためにソウルの電気街の通路に並んでいる様子だ」とし、「もちろん不買運動は強制されるものではない。しかしわれわれはもう一度考えてみるべきだ」と指摘したという。

続いて「昨年ユニクロの売り場の前に(韓国人が)並ぶ写真が日本でも公開され、日本のネットユーザーから多くの非難と嘲笑を受けた」とし、「今回もやはり日本のマスコミに注目され、日本のネットユーザーからも『本人が都合のいい時だけ不買をする国』『韓国独特の便宜主義』ととてつもなく批判を浴びている」と「選択的不買運動」を批判したという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「本当に恥ずかしいことだ」「日本から嘲笑されるような行動はもう一度考え直すべきだ」「行動を決めるのは個人だけれど、新型コロナの問題で大変な時期に列に並んでまで買おうとするのはいかがなものか。ましてや日本製品を…」などと徐教授に同調する声が上がっている。

一方、「ゲーム機1個買うのにも民族がこうだとか、歴史がどうだとか言うのはおかしい。買いたければ買う」「日本製品を買うのも買わないのもどちらも問題ない。他人に強要することは良くない」「日本製品を買ったからといって悪口を言うのはおかしい」「日本製品の不買運動をしながら、こっそり日本車に乗っている人もいるよね」「日本文化が好きになってはなぜ駄目なの?日本のゲームをすることは恥ずかしいこと?」などといったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング