Record China

ヘッドライン:

新型コロナ、駐韓日本大使が日韓協力の重要性強調=韓国ネット「心をひとつに」「日本は必要なときだけ…」

配信日時:2020年4月9日(木) 18時0分
拡大
9日、韓国・聯合ニュースは、冨田浩司駐韓日本大使へのインタビュー記事を掲載した。新型コロナウイルス感染症の危機克服のため、日韓の協力は必須だとする考えを強調したという。写真は韓国。

2020年4月9日、韓国・聯合ニュースは、冨田浩司駐韓日本大使へのインタビュー記事を掲載した。冨田大使は、新型コロナウイルス感染症の危機克服のため、日韓の協力は必須だとする考えを強調した。昨年12月に着任した冨田大使が韓国メディアのインタビューに応じるのは初めてという。

記事によると、冨田大使は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、3・1独立運動記念式典で『両国が協力しながら危機に打ち勝とう』と強調した。日本もこのような文大統領の気持ちを共有し協力していくために努力する」と述べた。その上で、「両国が隣国として、国際社会のリーダーとして感染症克服のため協力を強化することをみんなが期待しており、(協力は)必須だと考えている」と強調したという。また、日系企業の「東レ先端素材」が、韓国政府の要請を受けて、韓国人が使うマスクの生産に必要となる素材を生産していることなど、日韓の協力が既に具体的な成果を上げていることも紹介したという。

一方、新型コロナウイルスの感染拡大を受け韓国人の入国を制限した国に対して、韓国政府が企業関係者の例外的入国許可を求めていることについては否定的な考えを示した。冨田大使は「感染拡大防止策としての入国制限をいかなる形であれ緩和させたら、さまざまな困難が伴うだろう」とし、「感染拡大の動きを見ながら検討しなければならないと考えている」と述べたという。

また、昨年から続く日韓輸出管理問題については「日本としては韓国政府が抱いている懸念に対して忠実に対応し対話を続けている」とし、「解決策が見つかるといい」と語ったという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「冨田大使が両国の問題の解決に積極的であることを期待する」「世界的に困難な状況下、みんなの心が事態の克服のためにひとつになるといい」「互いに気持ちを共有し、互いに憎しみの感情を捨てよう」「日本に良い感情はないけれど、助けられることがあれば助けるべきだ」などといった声が上がっている。

一方、「日本は信じられない。必要な時だけ『重要な隣国』と言う」「日本は言葉と行動が異なる国家」などといったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日韓と感染症対策で強化を表明=外交部

外交部の趙立堅報道官は27日の定例記者会見で、「日本と韓国が新型コロナウィルスの予防·抑制に向けた努力において、中国は欠席しない」と語りました。 趙報道官は記者からの質問に対して、「中国は、日本と韓国の政府と民間が中国が新型コロナウイルスと戦う際に提供してくれた支...

CRI online
2020年2月27日 23時0分
続きを読む

ランキング