Record China

ヘッドライン:

<在日中国人のブログ>新型コロナ対策から見えた東京と北京の異なる価値観

配信日時:2020年7月9日(木) 17時40分
拡大
東京と北京では、新型コロナへの対応の差があまりにも大きい。写真は緊急事態宣言下の東京。

2020年6月14日、日本と中国の首都、東京と北京で数十人の新型コロナの新規感染者が確認された。北京36人、東京47人。しかし、2つの首都は、世の中に見せたリアクションが全然違った。

北京政府がある区の副区長など4人の指導者に免職処分、武装警察と公安はまるで戦時状態のように動いていた。地下鉄など公共交通の乗客が急に大幅に減少し、学校は再び休校になった。

一方、東京では人々がどんどん街に出てくる。6月19日から社会経済活動のレベルをもう一段引き上げた。都道府県をまたぐ移動も全て自由となる。コンサートなどのイベントも1000人規模で開催することが可能となる。経済活動が本格的に再開した。

東京と北京では、対応の差があまりにも大きい。日本と中国は本当に同じ種類のウイルスに面したのか、と疑問が生じるくらいであった。3月中旬、中国の官製メディアが「中国以外87182例、反超了!」(反超:逆転、上回る)の見出しで、ほっとしたように中国以外の感染者数が初めて中国本土を上回ったことを報道。中国は新型コロナに関する数字にすこぶる敏感になってしまった。「零新増」(新規感染者ゼロ)という言葉が人々に大きな喜びを与える。中国は新型コロナ対応の優等生だと誇っているようである。「ゼロ」への執念。北京で再び数十人の新規感染者が出たことで、政府は躊躇なく改めて強制的な措置を取った。数百万人にPCR検査を行った。しかし、世界中で新型コロナの感染が拡大しているにもかかわらず、中国が「零新増」を維持できればいいという独善的な考え方はいいだろうか。世の中、新型コロナウイルスが存在すれば、「零新増」がいつ打破されてもおかしくないだろう。

東京では、6月末から感染者が急に増えた。個人的な感覚だが、日本の新型コロナ対策を一言でいえば、「曖昧」である。新型コロナに対し、各地域にそれぞれの政策「モデル」を構える。知事たちの考え方が違っているようである。PCR検査件数も少ない。東京では、感染拡大を示す感染者数が数日連続で3桁になり、「緊急事態」のレベルになっているのに、7月4日の時点で、緊急事態宣言は出されないまま。再び感染増でも「東京アラート」は発令されず、レインボーブリッジは赤色にライトアップされていない。普段通りのライフスタイルが戻りつつある。山手線の中には、満員状態になっていないとはいえ、人と人との間には数センチの隙間があるだけだ。

「なぜ東京はロックダウンしないの」と中国にいる親友に不思議そうに言われた。北京ではロックダウンするのは当たり前だが、東京ではロックダウンしないのが当然のようだ。日本の法律では、強制的に外出や休業を禁止することはできない。政府が緊急事態宣言を出しても、外出や休業の「自粛要請」しかできない。それでも多くの人が要請を受け入れ、外出や営業を自粛した。政府は「新しい生活様式」を進めている。人々にはそれぞれの生き方があるので、何が不要不急か自身で判断する。ところが、6月のNHKの世論調査では、「外出禁止や休業を強制できる法改正が必要」と答えた人が62%もいた。ちょっと意外だった。緊急事態の中、自粛はうまく機能したではないか。まさか、北京のような強制的な措置を取ってほしいのか。民衆の自由が制約されたら、日本は日本らしくなくなる。政府の曖昧な「要請」に民衆はきちんとした「自粛」で答えた。それこそ、新型コロナ時代に、世界中で日本しかできない素晴らしいことだ。

「曖昧」は日本文化の一つ。日本語の中には曖昧な表現が多数存在している。人間関係でも、曖昧こそ、それなりの醍醐味を味わえる。未知のウイルスに対し、ある程度の曖昧な対策を出すのも仕方がないかもしれない。「最善の方法は何か」と模索する期間が必要。新型コロナは「人類共通の敵」だと言われているが、日本での新型コロナへの対応を見ると、むしろ「人類共通の相手」の表現がふさわしい気がする。ウイルスを恨まないで、共存する意識でニューノーマル時代を築いていかなければいけないと感じた。新型コロナ感染拡大の中、「もし自身が感染していたらどうしよう」と考えたことがある。感染したら人にうつさないで、積極的に治療を受けるしかない。文明社会の中でも感染症は常に身近なものだと認識したほうがいい。無常の世を生きよう。感染への過度な恐怖は不要だろう。

強制と曖昧、新型コロナから見えた北京と東京の異なる価値観。新型コロナは不思議なウイルスで、それぞれの国の政治体制、民族の性格、民度レベルなどがはっきり出る。2020年、国々が「自閉」になっている。国境を封鎖し、独善的な対策を取る。残念ながら、新型コロナのワクチン開発をめぐって国々が協力し合うのではなく、世界的な競争・対抗の情勢になっている。

東京と北京は41年間も続く友好都市である。今年2月、小池百合子東京都知事は中国の新型コロナ感染拡大に対するお見舞いのメッセージを陳吉寧北京市長へ発した。「何時も、東京都と北京市は手を取り合って困難を乗り越えます」と書かれた。6月から東京と北京は同じく新型コロナ感染拡大に直面しているが、小池百合子都知事と陳吉寧北京市長は情報交換をしたのだろうか。お互いに励ましあったのだろうか。東京と北京は本当に手を取り合って困難を乗り越えてほしい。今、多くの日本人と中国人が両国の国境線で待っている。新型コロナのせいで、海の向こう側へ行けなくなった。一日も早く従来通りの行き来が回復するように願うばかりである。

■筆者プロフィール:黄 文葦
十数年間マスコミの現場を経験した後、2009年から留学生教育に携わる仕事に従事。2015年日本のある学校法人の理事に就任。現在、教育・社会・文化領域の課題を中心に、関連のコラムを執筆中。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング