Record China

ヘッドライン:

「為す術なし」中国の寮に住み始めて実感したこと―日本人留学生

配信日時:2020年4月11日(土) 14時20分
拡大
中国に到着後は私が想像している以上にネット社会だということを実感した。寮の洗濯機を使おうと思ったが、それさえも携帯決済になっている。
(1/2枚)

9月1日からついに私の留学生活が始まった。8月中旬に大学から寮の決定の報告があったが、私の住む寮はなぜか大学のHPで掲載されていなかった。設備や部屋の詳細がわからなかったため、準備があまり良くできなかった。実際に住み始めて気づいたことは、同じ大学内でも寮によって設備や環境が全く違うということである。冷蔵庫やエレベーターの有無、洗濯機の台数や利用金額まで異なる。私の住んでいる寮はお風呂や洗濯機も少ない。特に洗濯機は各階に1つしかないため、タイミングを逃すとなかなか使用できなくて困ることがあった。

その他の写真

中国に到着後は私が想像している以上にネット社会だということを実感した。洗濯機を使おうと思ったが、それさえも携帯決済になっている。携帯決済するには中国の銀行カードの作成が必要で、銀行カードの手続きから受け取りまで5日ほど要した。その間、自分のお金で洗濯することが出来なかったため、一度だけ同じ階に住んでいる留学生に変わりに支払ってもらった。最初の1週間は本当に思い通りにいかない。為す術もない。また、アプリをダウンロードする際、中国の携帯番号を使っていても国籍設定などの問題で中国のアプリをダウンロードできないことがあった。洗濯機のアプリもその一つである。これらのストレスを減らすためにも、1週間のうちに使用するものは、なるべく多めに持っていけばよかったと後悔した。

面白いと感じたことは、中国では連絡や大学のお知らせなども全て微信のグループで行われることだ。あまりにも身軽な感じで最初は驚いたが、1週間も経てばすっかり慣れていた。今季言語留学生やクラスのグループがあるだけでなく、学校イベントへ参加するごとに新しいグループが作成される。少し交流しただけでも簡単に連絡先を交換するので、友達の輪を広げるにはとても便利である。また、手続きの疑問などもリアルタイムで担当の先生に質問することもできてとても良かった。

あっという間に留学生活1ヶ月を終えた。生活にも少し慣れたので、今後はさらに勉強と生活面の両方とも充実させていく。(提供/日本中国友好協会)

※本記事は、公益社団法人日本中国友好協会の公費留学生、天堀寛子さん(華東師範大学)の2019年9月のレポート「留学を開始して困ったこと、面白かったこと」を編集したものです。

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング