Record China

ヘッドライン:

中国、ロケット残骸のパラシュート降下制御による回収に初めて成功―中国メディア

配信日時:2020年4月8日(水) 5時40分
拡大
中国キャリアロケット技術研究院によると、中国は「長征3号乙」キャリアロケットによる54基目となる北斗測位衛星の打ち上げ任務において、初めてロケット残骸のパラシュート降下制御による正確な回収を実現した。
(1/2枚)

中国キャリアロケット技術研究院によると、中国は3月9日の「長征3号乙」キャリアロケットによる54基目となる北斗測位衛星の打ち上げ任務において、初めてロケット残骸のパラシュート降下制御による正確な回収を実現した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

今回の任務において、研究者はロケットのブースターに複数のパラシュートを設置し、墜落中に前後して展開させた。ブースター墜落時の姿勢と方向の制御に成功した。また、北斗ショートメールが提供する正確な落下地点の測位情報に基づき、パラシュート落下制御システム全体プランの実行可能性を検証し、今後のさらなる更新・改善の基礎を固めた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング