2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国の主要産業は中国に依存過多、14年にも「座礁」の危機―韓国メディア

配信日時:2013年11月26日(火) 8時40分
韓国の主要産業は中国に依存過多、14年にも「座礁」の危機―韓国メディア
画像ID  402350
22日、韓国紙・亜洲経済によると、韓国経済をけん引してきたIT、自動車、造船、石油化学などの各産業が不振だ。写真は韓国・ソウル。
2013年11月22日、韓国紙・亜洲経済によると、韓国経済をけん引してきたIT、自動車、造船、石油化学などの各産業が不振だ。環球時報が25日付で伝えた。

その他の写真

◆中国に過度に依存する輸出

韓国の輸出全体に占める対中輸出の割合は2011年に24.2%、昨年は24.5%と、年を追うごとに増え続けている。今年10月までの数字も25.9%と高い。中でも石油化学業界の対中依存度が高く、二大大手のロッテケミカルとLG化学の対外輸出の40%は中国向けだ。しかし、中国でも大規模な石油化学生産施設の建設が進んでおり、韓国企業にとっては脅威となっている。

◆IT市場の成長が鈍化

市場調査会社Strategy Analyticsの統計によると、今年の世界の携帯電話販売台数は前年比5.9%増えたが、2014〜16年の成長率は5.7%、4.9%、3.7%と鈍化する見通しだ。

半導体産業への影響は大きく、米の調査会社Gartnerの見通しでは、半導体市場の成長率は世界規模で鈍化傾向にある。特にサムスン電子とSKハイニックスが世界の半数のシェアを占めるDRAM市場の落ち込みが加速すると見られる。

◆新興市場での成長も鈍化

韓国企業は、ブラジル、ロシア、インドなどの新興市場での成長が鈍化している問題にも直面している。自動車メーカー・ヒュンダイとKIAの米国でのシェアは2011年に8.9%であったが、今年9月までのシェアは8.2%に落ち込んでいる。その損失の穴埋めとしてきたのが中国・ブラジルの市場だ。しかし、米国でのシェア減少がこうした新興諸国の市場にも波及すれば、韓国企業の成長への推進力が失われかねない。専門家は「外部要因による影響を克服するには、企業は業務の多角化を推進するとともに、新しい市場を開拓しなければならない」と指摘している。(翻訳・編集/NY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事