Record China

ヘッドライン:

日本のテレビ番組の「マスク美人効果」が中国ネットで話題=「マスクしていれば…」別の利点挙げる声も

配信日時:2020年4月6日(月) 22時0分
拡大
中国で新型コロナウイルスの流行によりマスクを着用する人が増える中、中国メディアの新京報は3日、微博アカウントで「なぜ人はマスクを着けると見た目が良くなるのか」と投稿した。写真は渋谷。

中国で新型コロナウイルスの流行によりマスクを着用する人が増える中、中国メディアの新京報は3日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで「なぜ人はマスクを着けると見た目が良くなるのか」と投稿。ネットユーザーから大きな反響が寄せられた。

新京報は、「マスクを着けるのがどんどん好きになる理由」というハッシュタグをつけた投稿で、「マスクを一定期間着け続けた結果、自分の見た目が良くなったと驚く人たちが出てきている。顔の半分を覆い隠すことで表情を気にする必要がなく、化粧をしていなくても余裕を持てる。なぜ人はマスクを着けると見た目が良くなったように感じるのか」とし、日本で数年前に放送されたバラエティー番組「さまぁ~ずの神ギ問」の内容を紹介した。

同番組は「なんでマスクをしている女性はかわいく見えるの?」という疑問について、実際に街中の女性にマスクを外してもらって検証。最終的に専門家の分析として、「マスクで顔を隠すことで人間の脳が勝手に隠れた部分を理想化するから」と結論付けている。

中国のネットユーザーからは、マスクによる“美人効果”について「私は歯が黄色いから、マスクをすると自信が持てる」「俺もマスクをした方がイケメン」「なるほど。だから芸能人はみんなマスクをしてるのか」「自分を卑下している私は、マスクをするとこの上なく自信が湧いてくる」といった声が上がった。

また、別の利点として、「マスクをしていれば知り合いにあってもあいさつせずに済む。コミュ障だから」「(マスクをすれば)メイクをしなくていいのは、お金も時間も労力も節約できる」「マスクをするようになってから口紅代がだいぶ浮いた」「表情を隠してくれるから、怒りたい時に怒って、笑いたい時に笑える。自分が自分でいられる」などを挙げるユーザーも少なくなかった。(翻訳・編集/北田

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング