Record China

ヘッドライン:

新型コロナで延期、ディズニー実写版「ムーラン」7月公開が決定、リウ・イーフェイらが出演

配信日時:2020年4月6日(月) 13時40分
拡大
新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期していた映画「ムーラン」などの作品について、米ディズニーが新たな公開日程を発表した。
(1/4枚)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期していた映画「ムーラン」などの作品について、米ディズニーが新たな公開日程を発表した。

その他の写真

世界的な感染拡大を受けて、軒並み公開延期となっていた作品の大幅な調整が行われたもの。中国の女優リウ・イーフェイ(劉亦菲)が主演し、アクションスターのドニー・イェン(甄子丹)やジェット・リー(李連杰)、女優コン・リー(鞏俐)ら中華圏から人気スターが出演する映画「ムーラン」について、当初は今月27日から全米公開だったが、今年7月24日に封切られることが明らかになった。

「ムーラン」は1998年公開のアニメ映画を実写化したもの。重病の父に代わり男として出征し、北方から侵略する異民族と戦う少女・ムーラン(花木蘭)の愛と活躍を描いている。全米公開に向けて先月9日にはロサンゼルスでワールドプレミアも開催されたが、その直後に公開延期が発表されていた。

マーベル初のアジア人系ヒーロー映画「シャンチー」(上気/Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings)も、当初の予定だった来年2月12日の全米公開を繰り下げ、5月7日を新たな公開日としている。

同作では、中国出身でカナダ籍の華人俳優シム・リウ(劉思慕)が主役に抜てきされ、香港の俳優トニー・レオン(梁朝偉)が悪役の「マンダリン」を演じる。先月、オーストラリアでクランクインしていたものの、新型コロナウイルスの影響で撮影の一時中止が明るみになったほか、日系人の監督デスティン・ダニエル・クレットンが自主的隔離に入ることを発表していた。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング