Record China

ヘッドライン:

南京の戦「疫」記録が公文書館に 日本人監督が映像資料寄贈

配信日時:2020年4月4日(土) 23時0分
拡大
南京市公文書館は3日、「戦『疫』記録資料」の寄贈式典を行った。日本人のドキュメンタリー監督の竹内亮さんが制作した短編ドキュメンタリー「感染者ゼロの街」などの映像資料を無償で寄贈した。

南京市公文書館は3日、「戦『疫』記録資料」の寄贈式典を行った。日本人のドキュメンタリー監督の竹内亮さんが制作した短編ドキュメンタリー「感染者ゼロの街」などの映像資料を無償で寄贈した。中国新聞網が伝えた。

現在41歳の竹内さんは妻で南京出身の趙萍さんと7年前に南京に定住し、中日の民間文化交流を推進する文化事業企業を立ち上げた。今回の新型コロナウイルス感染による肺炎の流行期間中、竹内さんと制作チームが制作した短編ドキュメンタリーの日本語版が日本でオンライン公開されると、大きな反響を呼んだ。その後、中国語版と英語案も公開され、世界各地のネットユーザーの注目を集めた。

竹内さんは式典の中で、「世界では感染症がなお終息せず、自分は引き続き感染症との戦いの映像を撮影し、そのうち南京の様子を伝える映像資料は南京市公文書館に継続的に寄贈する」と述べた。

感染症が発生してから、南京市の社会各界ではさまざまな形式と媒体による感染症の予防・管理に関する大量の記録資料が生まれた。この特殊な時期のあらゆるプロセスを整理記録し、南京社会各界が一丸となった強大なパワーおよび感染症と共に闘った感動的なシーンを顕彰し、感染症予防・管理の取り組みという貴重な南京の記憶を永久に保存するため、同館は感染症との戦いに関する記録を受け入れ保存する取り組みを加速させてきた。

同館の孔愛萍館長は、「これまでに新型肺炎の予防・管理の記録の第1段を受け入れた。それには文書資料約600点、写真と映像資料約300点が含まれる」と説明した。(編集KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

羽生結弦が大好きな中国女性、22歳でスケート始め大会で優勝するまでに!

4日、新浪体育の微博アカウントは、羽生結弦に憧れてフィギュアスケートを始め、地域のフィギュアスケート大会で優勝するまでに上達した北海道大学の中国人女子留学生を紹介する動画を掲載した。写真はドキュメンタリー「僕がここに住む理由」委員会提供。

Record China
2018年9月4日 12時30分
続きを読む

ランキング