Record China

ヘッドライン:

WHOが反論「中国は毎日科学的なデータを発表、提供している」

配信日時:2020年4月5日(日) 6時30分
拡大
2日、中国中央テレビは、新型コロナウイルスの感染をめぐる中国のデータが不透明だという一部報道に対し、WHOが反論したと報じた。

2020年4月2日、中国中央テレビ(CCTV)は、新型コロナウイルスの感染をめぐる中国のデータが不透明だという一部報道に対し、世界保健機関(WHO)が反論したと報じた。

報道は、WHOがジュネーブで現地時間1日に新型ウイルス関連の定例記者会見を開いた際、衛生緊急プロジェクトの責任者が「韓国、日本、シンガポール、そして中国から毎日非常に良質な科学的根拠に基づく報告が数多く発表されている。同1日午前に世界の専門家と27の電話会議を実施し、リアルタイムの情報を共有したが、どの会議にも中国やアジアからの専門家が含まれていた」とし、世界的な拡大を見せる新型ウイルス感染の拡大に対し、中国が科学的根拠に基づくデータ提供の面で大きく貢献しているとの見方を示したことを伝えた。

また「ウイルス拡散に関する初期データ情報を、ドイツ、シンガポール、米国から各1部、そして中国から4部受け取った。命を守る闘いに直面しているなかでのデータ収集は難しいということはわれわれも理解している。これらの国に感謝したい」と述べたことを紹介している。

さらに、WHOのテドロス事務総長が「これは新しいウイルスであること、大流行を巻き起こした初めてのコロナウイルスであるため、無症状の例を含め、分からないことが多いことを説明する必要がある。それゆえ、みんながオープンな姿勢で情報を受け入れ、信頼しつつ、事実確認の準備もしっかり行わなければならない」と語ったとしている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング