都市封鎖の米国でネズミが街中にあふれる=中国ネット「他の国では小鳥やシカなのになぜ米国はネズミ?」

Record China    2020年4月6日(月) 9時10分

拡大

3日、中国メディアの頭条新聞は、米ルイジアナ州ニューオーリンズではロックダウン(都市封鎖)のためネズミが街のいたるところに出現するようになったと伝えた。写真はネズミ。

2020年4月3日、中国メディアの頭条新聞は、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で、米ルイジアナ州ニューオーリンズではロックダウン(都市封鎖)のためネズミが街のいたるところに出現するようになったと伝えた。

記事は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ニューオーリンズでは街から人の姿が消えたと紹介。レストランやバーなどが次々と閉鎖され、これまで生ごみを食べて生きてきたネズミが道路を占拠するようになり、あちこちへ行って食べ物を探していると伝えた。また住民は、ネズミが病気をもたらすことを心配しており、地元の衛生当局が現在、対策に乗り出しているとも伝えた。

これについて、ウェイボー上では「これが都市本来の姿なのでは」「世界中のどの都市でもネズミやゴキブリの数は人の数より多いさ」「世界一の米国にこんなにも多くのネズミがいたとは知らなかった」などのコメントが寄せられていた。

また、「米国はネズミですら生きていくのが大変なのか」「他の国では小鳥やシカが街中に出てきているのに、なぜ米国はネズミなんだ?」との反応や、「この世の終わりのようだ」「これは早く処理すべきだ。新型コロナウイルスが収束しないうちにペストが来たら大変だ」との指摘もあった。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携