Record China

ヘッドライン:

軽率?新型コロナめぐる韓国陸軍のメッセージが物議

配信日時:2020年4月6日(月) 16時40分
拡大
3日、韓国・韓国経済は、韓国陸軍による新型コロナウイルス注意の呼び掛けメールの内容が物議を醸していると伝えた。

2020年4月3日、韓国メディア・韓国経済は、韓国陸軍による新型コロナウイルスへの注意呼び掛けメールの内容が物議を醸していると伝えた。

記事によると、京畿道(キョンギド)竜仁(ヨンイン)の陸軍動員戦力司令部が3日に隷下の軍幹部らに一括送信したメールは、「今、花見に出かければ、来年には地下で花見をすることになりかねません。家庭で、家族と一緒に」という、ウイルスにより命を落とす可能性があると警告する内容だった。この最後の1文について「外出を自粛し自宅で家族と過ごす」よう呼び掛けているものとも読めるが、「メールの流れからいって、『家族も一緒に地下で花見をする』という意味ではないか」との声が上がっているという。

また、先月31日には、ウイルス感染の集団検査を受けた幹部らに「結果は陽性です」というメールも送っていた。しかし、メールは改行を入れて「ギクッとしましたか?」と続いており、「陽性」というのは虚偽だと判明。一部の軍幹部らが外部との接触を増やしていると伝えられたことを受け、警告のためにこのようなメールを送ったという。

こうしたメールについて、受信者らからは「軍隊が虚偽、誇張のメッセージを送るのは問題ではないのか」という声が上がっており、「いくら注意を促すためとはいえ、今の状況では軽率だ」と指摘されているという。

記事は最後に、アイドルグループ「JYJ」のジェジュンが4月1日のエイプリルフールに、自身のインスタグラムに「新型コロナウイルスに感染した」と虚偽の投稿をし、批判を浴びたことも伝えている。

ただ、この記事に韓国のネットユーザーからは「何が問題?。本当のことじゃないか。土の下で花見をすることになるかもしれないよ」「間違ったことは言ってないよね」「警戒を呼び掛けてるだけでしょ、何が悪いの?」「センスがあっていい」「この文章、大々的に広告に活用すべきだと思う」「全国の高速道路に『居眠り運転の終着地は、この世ではありません』と書いてあるけど、それも問題になるのか?。住みにくい世の中だね」など、メールの内容を評価するコメントが殺到している。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング