Record China

ヘッドライン:

仏政府のウェブサイト、「新型コロナは中国から」と表記―中国メディア

配信日時:2020年4月3日(金) 14時20分
拡大
31日、中国メディアの観察者網は、「フランス政府のウェブサイトに『新型コロナウイルスは中国から』と記されている」と指摘する文章を掲載した。写真は中国武漢。

2020年3月31日、中国メディアの観察者網は、「フランス政府のウェブサイトに『新型コロナウイルスは中国から』と記されている」と指摘する文章を掲載した。

文章はまず、仏政府サイトのトップページの大部分を新型コロナウイルスに関する情報が占めていると説明。そして、「新型コロナウイルス情報」のページで最新情報が更新されるとし、感染後の症状やどのような人が感染しやすいかなど、ウイルスに関する基本的な知識を同ページで得られることを伝えた。

その上で、「意外に感じたのは、このウイルスがどこから来たかについて仏政府サイトがわざわざ紹介していることだ」と述べ、Q&Aの回答で「新型コロナウイルスは中国から来た新しいウイルス」とされていると指摘。文章は、中国の専門家や外交部の報道官が「感染が最初に確認されたのは中国だが、発生源が中国であるとは限らない」と表明したことに触れて「ウイルスの発生源は科学的な問題であり、現時点で結論は出ていない」と論じるとともに、「米国のある専門家も最近になって『中国武漢の海鮮市場を起源とするのは誤った見方』と指摘した」などと説明した。

文章は、「ウイルスの起源に科学的な結論が出ていない中で、仏政府サイトはわざわざ『中国から来た』と指し示している」と述べ、「これはフランスの防疫作業に役立つのだろうか、国際社会が協力して感染症に対応する上での助けになるのだろうか」との疑問を投げ掛けている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング