習主席 ベルギー国王と電話会談

CRI online    2020年4月2日(木) 22時0分

拡大

習近平国家主席は2日、ベルギーのフィリップ国王と電話会談しました。 習主席はその際、「現在、新型肺炎が世界で蔓延し、ヨーロッパおよびベルギーも厳しい局面に面している。私は中国政府と人民を代表して、ベルギー王室、政府および人民に真摯な慰問と揺るぎない支持を表明する。感染症との戦い...

習近平国家主席は2日、ベルギーのフィリップ国王と電話会談しました。

 習主席はその際、「現在、新型肺炎が世界で蔓延し、ヨーロッパおよびベルギーも厳しい局面に面している。私は中国政府と人民を代表して、ベルギー王室、政府および人民に真摯な慰問と揺るぎない支持を表明する。感染症との戦いの重要な時期において、ベルギー各界は様々な形で中国に対して慰問を表明し、支持を与え、両国人民が互いに助け合い、深い友情を表した。中国はベルギーが抱える問題を自国の問題と同様に扱い、ベルギーの物資不足など困難の解決に尽力する。また、感染症の予防・抑制に関する経験を分かち合い、ワクチンと薬品の研究開発などの分野における協力を共に推し進めたい。ベルギー王室と政府の指導の下、ベルギー人民が感染症に打ち勝つことを信じている。ベルギーに滞在する中国人留学生をベルギー側が高く重視し、安全面において保障するよう期待している」と述べました。

 フィリップ国王は「新型肺炎が世界各国に影響を与えている。中国は率先して状況をコントロールした。中国の経験は他国に貴重な参考意義がある。中国は各国に支持を提供し、貢献している。ベルギーは中国の医療物資の提供に感謝する。ベルギーは薬品の研究開発の面において協力を展開したい。苦境にあるときこそ真情がわかる。中国はベルギーの真の友人である。私はこの友情を永遠に大切にし、両国の交流と協力を引き続き積極的に推し進めたい」と話しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携