2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本人は韓国ブランドに興味なし=日本のスマホ市場でサムスンは元気なし―中国メディア

配信日時:2013年11月22日(金) 22時30分
日本人は韓国ブランドに興味なし=日本のスマホ市場でサムスンは元気なし―中国メディア
画像ID  402097
22日、中国網は、日本は中国・米国・インドに次ぐ世界第4のスマホ大国だが、サムスン電子はこの巨大な市場で赤信号に直面していると伝えた。写真はサムスンの携帯。
2013年11月22日、中国網は日本のIT専門リサーチ会社・MM総研からの情報として、日本の2013年9月末のスマートフォン契約数は5015万件で、中国、米国、インドに次ぐ世界第4のスマホ大国だが、サムスン電子はこの巨大な市場で赤信号に直面していると伝えた。

その他の写真

今年1〜9月に世界で最多の9000万台近いスマートフォンを売り上げたサムスン電子だが、日本市場では4位に甘んじている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、iPhoneは日本人に大人気の端末だ。面白いことに、同端末の日本でのシェアは、ベンダーであるアップルのお膝元・米国でのシェアよりも高い。ある投資銀行の推計では、iPhoneの日本国内での販売台数は今年1100〜1200万台に達し、14年には2000万台を超え、シェアは50%近くになるとみられる。それと対照的なのがサムスン電子で、日本での市場シェアは下落が続いている。メーカー別シェアではアップル、ソニーモバイル、シャープに次ぐ4番目だ。同紙は「日本人消費者の韓国ブランドに対する嫌悪感によるもの」と報じている。(翻訳・編集/NY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事