Record China

ヘッドライン:

中国の感染対策、70万人の感染を回避 サイエンス誌の調査報告

配信日時:2020年4月2日(木) 13時40分

トップクラスの学術誌「サイエンス」(電子版)は現地時間31日、中国、米国、英国の科学者22人が共同実施した研究「中国におけるCOVID-19大流行から50日目までの感染対策の調査」と題した調査報告書を掲載した。報告書は、武漢旅行禁止令と中国全土を対象とする緊急時対応がなければ、武漢以外の地域では70万人以上の感染者が出ていたとした。中国の感染対策は新型コロナウイルスの感染経路を断ち切るのに成功したという。

中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は1日の定例記者会見で、「この報告書は世界保健機関(WHO)の見方と一致しており、多くの国の首脳及び専門家の共通認識でもある。中国政府は直ちに最も全面的で、最も徹底した、最も厳格な感染対策を講じ、重大な段階的成果を上げ、世界の感染対策の貴重な時間を稼いだ。WHOの専門家が指摘しているように、中国は歴史的に見て最も勇敢で、最も柔軟で、最も積極的な感染対策を講じ、感染の急速な拡散・流行という危険な流れを変え、感染者を数十万人減らした」と述べた。

AFP通信は1日、「英オックスフォード大学の研究結果を引用し、武漢旅行禁止令と中国の全国的な緊急時対応がなければ、武漢以外の地域では70万人以上の感染者が出ていたとした。中国の感染対策は新型コロナウイルスの感染経路を断ち切ることに成功した。上述した研究結果はサイエンス誌で発表された。この結果はオックスフォード大学を含む15の世界トップクラスの研究機関によるモデリング分析によるもの」と伝えた。

サイエンス誌の研究報告書は、中国の措置は感染源と感染しやすい人との接触を阻止し、その他の都市の貴重な時間を稼いだとしている。作者らは同時に、「中国人のうち一部の人は依然としてCOVID-19の感染リスクに直面しており、対策を緩めることで感染がぶり返す可能性がある」と強調している。

データによると、2017年と18年の「春運」(春節期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)において、春節(旧正月、今年は1月25日)までの15日にわたり平均で520万人が武漢から別の地域に移動した。春節後の25日にわたり平均670万人が別の地域に移動した。

この移動は2020年に、武漢市の都市封鎖によって中断された。しかし移動禁止令が実施される前の1月11日から23日までに430万人が武漢市を離れた。2020年の春節後の25日にわたり、禁止令はほぼすべての移動を阻止した。

武漢市の都市封鎖から1週間後の1月30日に各省が報告した患者数は、武漢市からの旅客数と密接に関わっている。人口が多く、武漢市から来た人の多い都市ほど、COVID-19の流行が早かった。しかし武漢市の移動禁止令はCOVID-19のその他の都市における流行時期を平均2.91日遅らせた(95%CI: 2.54-3.29日)。中国の地理的面積及び人口の過半数をカバーする130以上の都市がこの遅延によって助けられた。(編集YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング