【募集中】韓国語社内スタッフ

残酷!毛を引き抜かれ苦痛に叫ぶアンゴラウサギ=ネット上では「かわいそう」「刈った方が楽なのに」―中国

配信日時:2013年11月22日(金) 19時45分
残酷!毛を引き抜かれ苦痛に叫ぶアンゴラウサギ=ネット上では「かわいそう」「刈った方が楽なのに」―中国
画像ID  402046
21日、新華網によると、動物保護団体PETAアジアは、中国の山東省、江蘇省などの農村でアンゴラウサギの飼育場を極秘に訪れ、中の様子を撮影した。
2013年11月21日、新華網によると、動物保護団体PETAアジアは、中国の山東省、江蘇省などの農村にあるアンゴラウサギの飼育場を極秘に訪れ、中の様子を撮影した。

その他の写真

映されていたウサギの毛が剥がされる様子は、かなり残酷である。作業員がウサギの身体から毛を荒々しく引き抜くと、ウサギは苦痛で叫び声を上げた。

これらのウサギは、3カ月ごとにこの苦痛を受けなければならず、2〜5年経っても生きていた場合は、処分されて食肉として売られるという。

このニュースに中国のネット上では

「ウサギがかわいそう!」
「こういうことをする人間は、いつか報いを受ける」
「引き抜くよりハサミで切ったり刈ったりする方が楽だろうに」
「デマだ。根っこから抜いたら次の毛が生えにくい」
「中国と欧米では動物に対する態度が確かに違う。中国では家畜、欧米では友達」

などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/北田
関連記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事