Record China

ヘッドライン:

韓国政府、マスク不足解消法を国民から公募=ネット「責任取りたくないだけ」

配信日時:2020年4月2日(木) 9時30分
拡大
31日、韓国・東亜日報によると、韓国政府がマスク不足を解決するアイデアの公募を始める。最大で1000万ウォンの賞金を出すという。写真はマスクを求めるソウル市民。

2020年3月31日、韓国・東亜日報によると、韓国政府がマスク不足を解決するアイデアの公募を始める。最大で1000万ウォン(約90万円)の賞金を出すという。

課題は「衛生マスクなど災害関連の緊急物資の受け取りや購入が難しい人に、安全かつ効果的に供給できる案」で、4月1日から15日まで、電子メールの送付またはウェブ上の専用掲示板に書き込む形で募集する。個人、企業、団体など誰でも応募可能としている。問題解決の可能性、実現の可能性、独創性を考慮して審査し、最優秀アイデアには1000万ウォンの報奨金を支払うという。

行政安全部は「新型コロナウイルス問題を解決するには、国民の知恵が重要だ。多くの国民が多彩な視点から積極的にアイデアを出してくれることを期待する」とコメントしている。

しかし、この記事に韓国のネットユーザーからは「1000万ウォンで問題をチャラにしようとしている」「釣られてはいけない」「ナノマスクはどうなった?」「あなたたちの月給は、国民の血と汗の税金だよ。何をやってるんだ」「定価販売にすれば買い占めもなくなるだろうに」「中国にあげたのを返してもらえばいい。ほら、これで1000万ウォンください」「頭が悪いから金を使うだけ。自信がなければアンケートに公募。責任を取るのが嫌なだけ」など、否定的なコメントが殺到している。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング