Record China

ヘッドライン:

【動画】新型コロナに負けるな!日本人女性らが応援ソング、中国でも報じられる

配信日時:2020年3月31日(火) 9時10分
拡大
日本で新型コロナウイルスの感染が拡大している中、3月25日夜、女性3人が日本を応援するため新宿駅南口で路上ライブをし、中国でリリースされた応援ソングを披露した。
(1/5枚)

日本で新型コロナウイルスの感染が拡大している中、3月25日夜、女性3人が日本を応援するため新宿駅南口で路上ライブをし、中国でリリースされた応援ソング「等你凱旋(=帰りを待つから)」の日本語バージョンを披露した。

その他の写真

「静かな1日 変わらない空で

あの日のように 帰りを待つから

モノクロの世界を 色づけてくれた

優しい花びら 風に舞い あなたへ

今はまだ会えなくても

暖かい春はくる

君は君の心をどうか信じたままで

きっと大丈夫だよ

僕はここにいるから

くじけそうになった時

僕を思い出してね」

多くの人がポツポツと足を止め、路上ライブを見ていた。真ん中で歌っているのは彩香さん。路上ライブ後は多くの人に「ウイルスが流行している中、日本と中国のウイルスに対抗しようと努力する姿をどう見ますか?」とインタビューしていた。そして彼女らの歌とこのインタビュー動画が中国中央テレビの目に留まったのである。

彩香さんは中国のネット上では少し知られている女性だ。日本で生まれ育った日本と中国のハーフで、以前北京に留学していたこともあり、新型コロナが発生した時期から特に中国の情報に敏感になっていた。そんな中、「等你凱旋」という歌を見つけた。その歌詞は何か彼女の心に響くものがあったという。

この歌のオリジナル曲は武漢各地で奮闘する医者や病院で働く人々に宛てたもので、彼らの無事の帰還を祈る気持ちを込めて作られた。彩香さんはこれを日本語に翻訳し、東京で歌手を目指している友人の桂音さんと紅音さんに連絡し、日本語バージョンを完成させた。そして、「今の日本には何か力が必要だ!」と思い至り、この歌をもっと多くの人に聞いてほしいと思いはじめた。3人は勇気を振り絞り、まだ春になり切らない寒空の下、1時間歌い続けた。路上ライブの様子はニコニコ動画にアップされ、多くのユーザーの注目を浴びた。

「彩香は本当にかわいいお姉さんだね」

「中国と日本、一緒に頑張りましょう」

「絶対コロナに負けないで!」

「がんばれ日本」

「春はきっと来るからね」

動画を見た人たちからはこのようなメッセージが寄せられた。

彩香さんは中国中央テレビのニュースのインタビューを受けた際、歌詞を日本語に変えた時に最も伝えたかったことを、「どんなことがあってもあなたは独りじゃない。どこの国の人でも、困難にあった時、独りじゃないことを思い出して欲しい。繋がっていることを感じて欲しい」と述べた。

彩香さんが歌の中で表現したように、「今はまだ会えなくても、暖かい春はくるから、君は君の心をどうか信じたままでいて」欲しい。私たちはこの歌声の中で祈ろう。皆の健康と、世界の平和と、暖かい春を。(編集/藤井)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング