Record China

ヘッドライン:

新型コロナの影響、北京でシェア自転車の利用者が増加=「新型コロナがシェア自転車を救うとは」―中国ネット

配信日時:2020年3月31日(火) 8時40分
拡大
28日、新浪財経は、新型コロナウイルスの影響で、北京市ではシェア自転車を利用する人が増えていると伝えた。

2020年3月28日、新浪財経は、新型コロナウイルスの影響で、北京市ではシェア自転車を利用する人が増えていると伝えた。

記事は、北京市東城区のシェア自転車置き場の様子を紹介。朝7時前から多くの人が次々とシェア自転車に乗って去っていき、1時間もしないうちに30台が減ったという。

記事によると、春節(旧正月)以降、シェア自転車を再び利用するようになった人が増えているそうだ。理由は、シェア自転車は「通気が良くて安全だから」で、新型コロナウイルスの流行期間中、多くの人が外出時の交通手段としてシェア自転車を選ぶとようになったという。

16日には、北京市交通委員会がシェア自転車各社に対し、疫病期間中はむやみに値上げしてはならず、同時に北京市が定める最大台数90万台を超えてはならないと通知したという。記事によると、23日の時点で北京のすべての公共の交通手段のうち、シェア自転車の回復率が最も高く、54%にまで回復しているという。

ただ、中国のネットユーザーからは「いったいどれだけの人が乗るのだろう。リスクが高すぎだろう」「万が一に備えて使い捨ての手袋をして乗った方がいい」「自家用車があれば自家用車の方が安全だ。シェア自転車は多くの人が触るものだから」など、やはり危険だとの見方が多い。このほか、「シェア自転車を救うのは新型コロナウイルスだったとは」などのコメントも寄せられた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

すでに過去の産物に?一大ブームを引き起こしたシェアサイクルの今!~上海編~

急速に普及し、「革新的なサービス」として大きな話題となった「乗り捨て自由」のシェアサイクル(シェア自転車)。瞬く間に中国各地で展開され、日本にも上陸するなど、一大ブームを引き起こした“シェアサイクル”だったが、現在それも遠い過去となっている。

フライメディア
2019年11月11日 21時20分
続きを読む

ランキング