Record China

ヘッドライン:

マスクなし姿で仕事再開のアンジェラベイビー、「危機感ない」「マナー違反」ネットで批判の的に

配信日時:2020年3月30日(月) 11時0分
拡大
仕事再開で現場に姿を見せた中国のモデルで女優アンジェラベイビーだが、マスクを着用していない姿がSNSに投稿され、「危機感がない」「他人への思いやりがない」と批判を浴びている。
(1/4枚)

仕事再開で現場に姿を見せた中国のモデルで女優アンジェラベイビー(楊穎)だが、マスクを着用していない姿がSNSに投稿され、「危機感がない」「他人への思いやりがない」と批判を浴びている。

その他の写真

新型コロナウイルス感染が収束に向かいつつあるとされる中国では、芸能人たちも次々に活動を再開しているが、26日にはアンジェラベイビーがバラエティー番組の収録に参加。車から降り立つ姿をSNSに投稿して仕事再開の様子を報告したが、傍らのスタッフがマスクをしているにも関わらず、アンジェラベイビー本人はマスクを着用せず。これがネットユーザーに注目されることとなった。

コメント欄には仕事再開を祝うファンの声を吹き飛ばすかのように、批判のコメントが多数登場。「危機感がない」「他人への思いやりがない」「コロナが終わったとでも思っているのか」「現在、マスクはマナーになっている」「撮影中はやむをえないが、それ以外は着用すべきだ」などと、ネットユーザーからの非難のコメントが並んでいる。

こういったネットの反応を憂慮したのか、翌27日に撮影現場に現れたアンジェラベイビーは、終始マスクをつけたまま。現在、中国では収束ムードが広がりつつあるものの、無症状感染者がウイルスを拡散する“第二波”も懸念されているだけに、目立つ存在である芸能人への目は厳しいものとなっている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング