Record China

ヘッドライン:

日本に医療用品を送った女優ヤン・ミー、今度は感染拡大が深刻なスペインに寄贈

配信日時:2020年3月28日(土) 15時20分
拡大
中国の女優ヤン・ミーらが日本に続き、今度は新型コロナウイルス感染が拡大するスペインに向けて医療用品を寄贈したことが分かった。
(1/2枚)

中国の女優ヤン・ミー(楊冪)らが日本に続き、今度は新型コロナウイルス感染が拡大するスペインに向けて医療用品を寄贈したことが分かった。

その他の写真

ヤン・ミーが運営する嘉行伝媒公司と、映画監督のニン・ハオ(寧浩)が所属する壊猴子影業がこのほど、共同で医療用品をスペインに向けて発送した。内容は10台の呼吸用保護具(PAPR)、500個の医療用ゴーグル、約500着の防護服など。スペインではここ数日で感染者が激増し、死者数も4000人を超えており、今回の物資は首都マドリードとバルセロナの病院へ届けられるという。

ドラマ「永遠の桃花~三生三世」などを通じて日本にもファンの多い女優ヤン・ミーは先日も、同じくニン・ハオ監督や俳優ウー・ジン(呉京)らと共に、日本の病院へ向けて大量の医療用品を寄贈したばかり。今年2月、日本から中国へ向けて医療用品が続々と届いたことに報いるため、中国の映画会社の呼び掛けに応じたものだった。この寄贈については後になって分かったことから、「売名ではない善意」とネット上ではヤン・ミーらに向けて称賛の声が上がった。

今回の新型コロナウイルスでヤン・ミーが寄付や寄贈を行ったのは、分かっているだけでこれで6回目。これまでに、アクションスターのジェット・リー(李連杰)が設立した慈善団体に向けた20万元(約300万円)の寄付などを行っている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング