わずか16秒で充電できる電気自動車も夢じゃない=韓国が最新蓄電装置の開発に成功―中国メディア

Record China    2013年11月20日(水) 7時20分

拡大

19日、韓国の科学者がわずか16秒で従来型電池と同量の電気を充電することができる蓄電装置を開発したことがわかった。資料写真。

(1 / 2 枚)

2013年11月19日、韓国の科学者がわずか16秒で従来型電池と同量の電気を充電できる蓄電装置を開発したことがわかった。車訊網が伝えた。

その他の写真

韓国はグラフェン(鋼鉄の200倍の強度があり、優れた導電性を持つナノ炭素材料)の特性を生かし、最新の大容量キャパシタ(蓄電装置)の開発に成功した。蓄電池の容量と充電時間は今や電気自動車の性能向上を左右する重要な鍵であり、この蓄電装置の本格的な生産体制が始動すれば、電気自動車の新たな時代の幕開けとなるだろう。

マサチューセッツ工科大学発行の科学技術雑誌『Technology Review』は13日、「グラフェンを利用した大容量キャパシタの要は、研究者が多孔性グラフェンを作り出したことである。多数の細孔を作ることで内部の表面積が巨大になり、短時間の充電を可能にした」と指摘している。

多孔性グラフェンを利用した大容量キャパシタは、電気自動車の大幅な省エネをも実現すること可能で、無駄な電力浪費の改善につながることが期待されている。

中国のA株市場に上場している企業では、自動車メーカーの比亜迪(BYD)がIT、自動車、新エネルギーの三大分野の最先端テクノロジーを持つ民間企業である。IT分野では二次電池(充電式電池)、充電器などの事業を取り扱っており、電気自動車の製造販売も行っている。今回の蓄電装置の開発を受けて、どのような動きに出るのかが注目される。(翻訳・編集/XC)

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携