Record China

ヘッドライン:

北朝鮮の金正恩委員長に「健康異常説」浮上=韓国ネット「まさか…」

配信日時:2020年4月18日(土) 21時10分
拡大
17日、韓国・アジア経済は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の健康異常説が広がっていると伝えた。写真は北朝鮮。

2020年4月17日、韓国・アジア経済は、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の健康異常説が広がっていると伝えた。

15日は金委員長の祖父である故・金日成(キム・イルソン)主席の誕生日「太陽節」で、金委員長は毎年この日に合わせて金主席の遺体が安置されている宮殿を参拝している。しかし記事によると、翌16日の朝鮮中央通信など北朝鮮の国営メディアは、党幹部らが宮殿を訪れたことは伝えたが、金委員長が参拝したという報道はなかったという。金委員長が「太陽節」に参拝しないのは、2012年に政権を担って以降、初めてという。

これについて、世宗(セジョン)研究所北朝鮮研究センターのチョン・ソンジャンセンター長は「金委員長の健康や身辺に少なくとも一時的な異常が発生した可能性がある」と分析した。ただ、「金委員長の体に異常がある場合でも、北朝鮮の体制が揺らぐ可能性は低いとみられる」との見解を示した。その根拠として、北朝鮮の最高指導者の直系血統「白頭(ペクトゥ)血統」として相当な影響力を行使している金委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏が、体制を維持したい党指導部と共通の利害関係にあることを挙げている。

また、韓国統一部は、「北朝鮮メディアから金委員長が宮殿を参拝したという報道が出ていないことを把握している」としながらも「その意図についてあらかじめ言及することは適切ではない」と述べたという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「まさか新型コロナに感染した?」「新型コロナの疑いで自宅隔離中?」「新型コロナを恐れて屋外に出ないのでは?」「それだけ(北朝鮮の首都)平壌(ピョンヤン)にも新型コロナウイルスが広がっているということでは?」などと憶測が飛び交っている。

また、「北朝鮮は金委員長がいても心配、いなくても心配になる国」と困惑気味のコメントや、「北朝鮮はもっと透明性ある国になるべきだ。いつまで扉を閉じるつもりか?」と情勢に関する情報が少ないことへのいら立ちの声も上がっている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング