Record China

ヘッドライン:

中国、軌道上太陽帆の重要技術に関する初の実証実験に成功

配信日時:2020年3月26日(木) 18時50分
拡大
中国科学院瀋陽自動化研究所によると、同研究所が開発した太陽帆「天帆1号」(SIASAIL-I)が長沙天儀研究院の衛星「瀟湘一号07」に搭載され、軌道上で太陽帆の複数重要技術の検証に成功した。

中国科学院瀋陽自動化研究所によると、同研究所が開発した太陽帆「天帆1号」(SIASAIL-I)が長沙天儀研究院の衛星「瀟湘一号07」に搭載され、軌道上で太陽帆の複数重要技術の検証に成功した。中国が太陽帆の軌道上における重要技術実証実験を行ったのはこれが初めてで、中国の今後の大型太陽帆の研究開発に技術的サポートを提供するものとなる。科技日報が伝えた。

太陽帆は太陽系外に到達する可能性が極めて高いとされ、太陽の反射光を利用し動力を提供する宇宙船だ。小惑星探査、地球磁場嵐の観測、太陽極地探査、及びスペースデブリの除去などの面で応用の高い将来性を持つ。大型太陽帆は未来の惑星間航行の重要手段とされており、宇宙科学探査において重要な役割を果たす。

天帆1号プロジェクト責任者で、中国科学院瀋陽自動化研究所自動化技術研究室副室長の劉金国研究員によると、天帆1号は柔軟性薄膜を折りたたみ内部に格納する。打ち上げ前のサイズは0.5CubeSat(1CubeSatは10×10×10cmサイズ)弱で、瀟湘一号07が正常に軌道に乗った後、二段組合展開により技術的実証実験を行った。

軌道上から送信されたデータと写真によると、天帆1号の太陽帆重要技術の実証実験が順調に進んでいる。軌道上で小型衛星二段アクティブ・パッシブ展開システム、マルチ帆桁同時展開構造、展開可能双安定ロッド技術、柔軟性帆膜材料、帆膜折りたたみ・展開技術などの複数重要技術を検証した。これは太陽帆重要技術の実証実験・検証任務が無事成功したことを意味する。(編集YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

ランキング