Record China

ヘッドライン:

北京市に来た人々を収容する市内集中隔離スポットを訪ねて

配信日時:2020年3月26日(木) 22時0分
拡大
24日、北京市へ来た人々に対する集中隔離観察を行うための施設となっている北京市順義区のホテルを取材した。

24日、北京市へ来た人々に対する集中隔離観察を行うための施設となっている北京市順義区のホテルを取材した。同ホテルでは、隔離観察を受ける人々のための飲食サービスやゴミの搬出、物品の宅配などを行う専門スタッフを手配し、毎日健康状態をチェックするだけでなく、観察を受ける人々が食事を注文できるサービスを提供している。現在、順義区にはすでにこうした集中隔離観察を行うためのホテルが4軒あり、24日12時時点で、461人(うち外国籍105人)が集中隔離観察を受けている。中国新聞社が伝えた。

また24日時点で、同市豊台区には集中隔離観察スポットが13カ所設けられ、その部屋数は1705部屋に達し、908人が集中隔離観察を受けている。24日12時時点で、北京市に報告されている新型コロナウイルス感染による肺炎の輸入症例は累計で142人に達し、その感染源となった国の数は16カ国に達している。北京市は3月25日0時から、北京市から入境した全ての渡航者に対し、集中隔離観察とPCR検査の実施を決定している。(編集TG)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

ランキング