Record China

ヘッドライン:

中国各地でレストランが再オープンもかなり厳しい条件付き―カタールメディア

配信日時:2020年3月28日(土) 19時10分
拡大
25日、中国紙・環球時報はカタールの衛星テレビ局・アルジャジーラの報道を引用し、中国各地で飲食店が再オープンしているが、厳しい条件付きだと伝えた。

2020年3月25日、中国紙・環球時報はカタールの衛星テレビ局・アルジャジーラの報道を引用し、中国各地で飲食店が再オープンしているが、厳しい条件付きだと伝えた。

記事は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための措置が徐々に緩和されるにつれ、中国では多くの飲食店が営業を再開していると紹介。しかし、危険が完全になくなったわけではないため、顧客数を以前のレベルにまで戻すのは容易なことではないと指摘している。

S&Pグローバル中国が2月19日に発表したデータによると、中国のレストランの1、2月の売り上げは大幅に減少しており、第1四半期は前年同期比55%減になる見込みだという。そのため、安徽省や江西省、江蘇省などでは、政府関係者が外食する際に少なくとも100元(約1500円)消費するよう促しており、「その主な目的は国民の外食に対する信頼性を回復させることにある」と伝えた。

だが、店内での食事の許可を得た店でも、「複雑な健康手順を必ず遵守しなければならない」と記事は紹介。これには、「4時間ごとに店員にマスクを1枚配布すること、頻繁に体温を測定すること、テーブル間の安全な距離を保つこと、2時間ごとにすべての顧客を店外に出して消毒作業を行うこと」などが含まれると伝えた。

その上で記事は、「一部の飲食店はさらに良い準備ができて、より長く持ちこたえられるかもしれないが、再オープンが1日遅れるとそれだけ圧力も大きくなる」と指摘。広東式の茶餐廳を営む陳(チェン)さんは、「店を閉めて2カ月以上になるが、いまだにいつになったら完全に回復できるか分からない」と述べている。陳さんによると、支店の一つが開店許可を得て店内での飲食が可能になったが、1度に入店できる人数には制限があるという。

記事は、「中国のデータによると2019年末までで、ホテルや飲食業に従事する人の数が2600万人を超えており、このうち飲食業が約60%を占める」と紹介。これに小規模な飲食店やバー、カフェなどを加えると、その人数は「2億人近くになるとみられる」という。記事は「現在、中国の飲食業界ではオンライン、フードデリバリー、テイクアウトなどの方法での経営が、融通の利いた効果的な方法となっている」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国の飲食業 新型肺炎対応で新たな経営モデル

中国全土で感染が広がる新型コロナウイルスは、飲食業界にも深刻な影響を与えています。この状況に対応するため、多くの飲食企業は予防・管理を徹底すると同時に、市民の生活の需要に向けて一役買っています。 四川料理のチェーン店である「眉州東坡」は店舗で通常営業をしていますが、店頭では多く...

CRI online
2020年2月8日 16時20分
続きを読む

ランキング