2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

外国の最新技術、なぜ中国で効果を発揮できず、すぐ壊れるのか―香港紙

配信日時:2013年11月17日(日) 8時26分
外国の最新技術、なぜ中国で効果を発揮できず、すぐ壊れるのか―香港紙
画像ID  401502
14日、中国の複数の都市で外国製の清掃車が導入されたが、あまりのごみの多さに短期間で使用不能になり、見た目は悪いが丈夫な国産清掃車に切り替えているという。写真は湖北省の清掃員がほうきをつけて作った清掃車。
2013年11月14日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は、欧米の先進技術を駆使した最新機器が中国で使用されるとすぐに壊れてしまうと指摘した。中国の環球時報が伝えた。

その他の写真

街のイメージアップを図るため、中国の複数の都市で外国製の清掃車が導入された。だが、あまりのごみの多さに清掃車の耐用年数が大幅に短くなり、短期間で使用不能に。そこで見た目は悪いが、丈夫で外国製の3分の1の価格ですむ国産清掃車に切り替えているという。

外国の先進技術が中国で通用しないケースはまだ他にもある。欧州諸国や日本が開発したブタの糞を利用した発酵技術も中国では無用の長物だ。なぜなら大量の抗生物質入りのエサを与えられた中国のブタの糞には、メタンガスを発生させるメタン菌が存在しないからだ。また、外国のある自動車メーカーはギアボックスの中国での使用を断念した。渋滞の多い中国ではシステム障害を起こしやすいからだ。さらに、海外の先進技術を導入して建てられたごみ処理場も、中国の河川や廃棄物の中に大量に含まれる汚染物質の処理に対応できなくなっている。(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事