Record China

ヘッドライン:

「日本の新型コロナ流行が長く続きますように」=中国の飲食店が掲げ批判殺到、中国ネット「謝るべき」

配信日時:2020年3月24日(火) 11時20分
拡大
23日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、遼寧省瀋陽市の飲食店で、「日米のコロナウイルス感染を祝う」というメッセージを掲げ、警察が介入したと報じた。

2020年3月23日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、遼寧省瀋陽市の飲食店で、「日米のコロナウイルス感染を祝う」というメッセージを掲げ、警察が介入したと報じた。

記事によると、遼寧省にあるかゆ店がアーチ形のバルーンに「米国のウイルス感染を熱烈に祝い、日本の感染が長く続くことを祈る」と書かれた横断幕を掲げた画像がネット上で拡散した。現地市民が22日にこの店を訪れたところ、横断幕が確かに掲げられているのを確認したという。

一方で、23日になると横断幕は撤去されていたという。取材に応じた店員は「今日から店に戻ってきたので、横断幕のことはよく分からない。警察官もやってきて質問されたが、誰が掲げたのか知らない」と語っているとした。また、かゆ店の所在地を管轄する交番の関係者は「すでに捜査を実施中である」とコメントしたという。

この件について、中国のネットユーザーからも批判の声が殺到しており、「日本のSNS上でも拡散している。恥を外国にまでさらしてしまった」「こんな店は営業停止にしろ」「周囲に止める人がいなかったというのも問題だ」「大国としての風格を損ねる恥ずかしい行為」「いくら何でもやりすぎ」「また愛国を商売道具にしている」「これは日本と米国に謝るべき」といったコメントを残した。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング