2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国産人参が高麗人参に変身、ブランドのからくりで価格は10倍以上に―中国紙

配信日時:2013年11月16日(土) 11時40分
中国産人参が高麗人参に変身、ブランドのからくりで価格は10倍以上に―中国紙
画像ID  401401
14日、中国産の人参が韓国で「高麗人参」に変身。これが中国に輸出されると、本来の市場価格の10倍以上の高値で販売されるという。
2013年11月14日、中国紙・南方日報によると、中国産の人参を原材料とした韓国の高麗人参が中国に逆輸出され高値で販売されている。

その他の写真

中国では寒さの厳しい季節になると、滋養強壮に良いとされる高麗人参が珍重される。このため、偽物の高麗人参が中国市場に大量に出回り、多くの消費者が被害に遭っている。本物の高麗人参は韓国のごく一部の地域で産出されており、その数には限りがある。市場に出回っている高麗人参の多くは中国産の人参を韓国で加工したものだ。

「中国産の高麗人参」は広く流通している。外箱などの包装には韓国の製造工場の名が印刷されているが、会社の登録地はなぜか香港になっているものがほとんど。業界関係者の話では、大部分の高麗人参が中国産の人参を使用しており、香港で登録している韓国企業を通じて中国に輸入されるという。

旧国営企業の韓国人参公社が製造する高麗人参は、世界的に有名な「正官庄」ブランドだ。中国・吉林省産の人参の市場価格は600gで400元(約6400円)ほど。同じクラスの人参が、韓国では5000元(約8万円)という高値で売られている。このため吉林省産の人参を韓国で加工し、中国で高麗人参として販売する業者が後を絶たない。統計では、世界の人参の70%が吉林省で生産され、そのうち70〜80%が国外に輸出される。さらにその50%が日本や韓国に輸出されるという。(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事