<コラム>蘇州城内には「三横四直」と称する運河が交差している

工藤 和直    2020年3月29日(日) 19時30分

拡大

西暦1229年に造られた蘇州城石碑刻「平江図」によると、蘇州城内に総延長で80kmに及ぶ運河がある。基本は三横四直であるが、これを土台にして7直14横と言うほど多くの支流がある。

(1 / 2 枚)

西暦1229年に造られた蘇州城石碑刻「平江図」によると、蘇州城内(4.5km×3.5km)に総延長で80kmに及ぶ運河がある。基本は三横四直(三つの東西に走るクリークと四つの南北に走るクリーク)であるが、これを土台にして7直14横と言うほど多くの支流がある。南北に7本、東西に14本のクリークから形成され、網の目のような水路による水上輸送システムを持つ城郭都市であることが容易に想像できる。加えてこの平江図によると359座の小橋が記録されている。

その他の写真

三横四直については『呉地記後本源文』に“城中有大河、三横四直”とあるのが最も古い(図1)。宋淳煕十三年(西暦1186年)に添記されたものだ。清時代に、三横四直について記した碑文が残っている。「明清蘇州工商業碑刻集」(江蘇人民出版社、1981年)に収録された『蘇郡城河三横四直図説:嘉慶二年(西暦1797年)』で、三横四直は以下のように書かれている。この石刻碑は察院場にある城隍廟本堂北に現存する。

第一横河は西にある閶門水関橋から始まり、至徳橋を経由して皋(Gao)橋で第一直河と交わり、南過軍橋に至って第二直河に流入するものがある。これは、第一横河の南の分支であって、里水関橋の内側から北行し尚義橋(平江図には記入がない)に至るのが北の分支であり、ここで東に折れて桃花橋・日暉橋(北過軍橋)を通って第二直河を横切り、単家橋で南の分支と合わり、東行して香花橋(南北は人民路)を通過し跨塘橋に至って第三直河横切り、また東行して臨頓橋を経て華陽橋に至る。ここで南行するものと東行するものとに分かれ、南行するものは第四直河となり、東行する河は最終的には婁関に出る。途中、楚勝橋(平江図では百口橋)で北行し北園橋・北国倉庫橋となる支流がある。

第二横河は第一直河の水を引き渡子橋に始まる。東行して芮橋に至り、第二直河を横切り、さらに東行して楽橋(呉時代からある)・乗魚橋に至り、東行して顧家橋を通り、ここで第三直河と合流して、さらに東行して苑橋に至り、第四直河を横切り、昇龍橋・七君子橋・顧亭橋に至って内城濠に流入して最終的には相門に出る。この第二横河は干将河と言われ、かつて17の橋があったと記録されている。

第三横河もまた第一直河の水を引き、歌薫橋(平江図では明澤橋)から始まり、東行して吉利橋を通り、志成橋にて今は無い第二直河を横切り、さらに東に流れ引馬橋(飲馬橋)に至る。その後東行して今は無き夏侯橋に至り、北の顧家橋下から来た第二横河の支流と合流、さらに東行して第四直河と合流して望星橋から盛家帯を鋋南(斜めに蛇行するさま)して葑門に出る。夏侯橋から南行し、平江図には記入がない帝賜蓮橋に至り、東に折れて長洲県福民橋を経て清代織造署前の織造橋(平江図には記入がないが、紅板橋と清代記録)から越城橋に至り直接葑門に出るが、これは第三横河の別流である。第三横河は現在飲馬橋で終わり、その東部分は埋められ十梓路になっている。

第一直河は皋橋に始まり、南行して昇平橋に至り歌薫橋(平江図では明澤橋)から盤門城橋まで真っ直ぐ流れて内城壕に入る。黄鸝(Huang Li)橋の南、金門付近に夏駕湖があったが、そこに流れる支流に梵内橋があった。その欄干のみを見ることができる。

第二直河は教場河に始まり単家橋の南で第一横河を横切り、また河沿街に沿って南行して南過軍橋で西から来た別流に合流する。現状の第二直河はここまでであるが、現在王天井巷になり南下、第二横河を横切り、さらに南行して志成橋で第三横河となり、また書院巷で西行して盤門新橋で第一直河と合流する。第二直河もまた道路となっている。

第三直河は北の斉門橋・賭帯橋(平江図には記載がない)から始まり、跨塘橋の南で第一横河を横切り、南行して懸橋(平江図では県東橋)で城心支河を横切り、臨頓河と並行して南行し、顧家橋で第二横河に合流して昇龍橋・七君子橋を通り内城河に流入し、相門から出る。

第四直河は北の華陽橋から始まり、第一横河の水を引いて南流して奚家橋に至る。ここで東の其林巷に通じる支河が一本ある。また南行して新橋に至り、城心支河を横切り思婆橋に至ると、東に転じる別の小支河が一本あり、別名を玉帯河といい長元学宮を廻って第二横河に流入する。以上の両支河は旧志にはない。第四直河はさらに南行して苑橋に至り、第二横河を横切り官太尉橋に進み、斜め東に流れて望星橋に至り、第三横河と合流して葑門に出る。

以上の縦に4本、横に3本が幹線河であるが、城内中心に別の支河がもう一ある。旧志には載っていないが、現在の人民路になる支流は第二直河の水を引き、范庄前(范文正公祠前)と玄妙観の後を経由し、東行して懸橋(長州県橋)付近に至り、第三直河を横切って更に東に流れて新橋に至り、第四直河を横切り東に流れ内城濠に入り婁門に出るものである。以上が嘉慶二年(西暦1797年)の石碑に記載された三横四直の概要である(写真1)。

■筆者プロフィール:工藤 和直 1953年、宮崎市生まれ。1977年九州大学大学院工学研究科修了。韓国で電子技術を教えていたことが認められ、2001年2月、韓国電子産業振興会より電子産業大賞受賞。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。2013年には蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、蘇州市ある日系2500社、約1万人の邦人と共に、日中友好にも貢献してきた。2015年からは最高顧問として中国関係会社を指導する傍ら、現在も中国関係会社で駐在13年半の経験を生かして活躍中。中国や日本で「チャイナリスク下でのビジネスの進め方」など多方面で講演会を行い、「蘇州たより」「蘇州たより2」などの著作がある。

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携