新型コロナウイルスとの戦いが早くもドラマ化、全20話のオムニバスで豪華キャストも―中国

Record China    2020年3月23日(月) 20時20分

拡大

新型コロナウイルス感染が世界規模で広まる中、中国ではこれをテーマにした全20話のドラマ作品「在一起」が早くも制作されることが明らかになった。

(1 / 2 枚)

新型コロナウイルス感染が世界規模で広まる中、中国ではこれをテーマにした全20話のドラマ作品「在一起」が早くも制作されることが明らかになった。

その他の写真

制作会社・上海耀客伝媒公司が中国版ツイッターを通じて、テレビ・新聞・出版を管轄する国家広播電視総局の指導のもと、新型コロナウイルスとの戦いを描くドラマ「在一起」の制作準備に入ったことを明らかにしたもの。ドラマは全20話で、2話ずつ10編のストーリーを展開するオムニバス形式となり、それぞれに人気脚本家を起用する。

脚本担当の1人に名前が挙がっているのが、中国版「家売るオンナ」など人気作を送り出している六六(リウリウ)氏。今月はじめに中国版ツイッターを通じて、ウイルス感染の発生地となった武漢市へ入り、取材を続けていることを明らかにしている。

医療関係者の現場での奮闘や、患者と家族の絆が描かれると予想される「在一起」だが、ネット上では、中国政府による専門家チームのトップで、呼吸器疾患の権威である中国工程院の鍾南山氏を誰が演じるのかが早くも話題に。最有力候補とネットユーザーが推すチェン・ダオミン(陳道明)をはじめ、タン・グオチアン(唐国強)やリー・シュエジエン(李雪健)、ワン・ジーウェン(王志文)といったいずれ劣らぬ名優たちの名前が挙がっている。

なお、「在一起」は今夏に撮影が行われ、建国記念日「国慶節」を迎える今年10月にオンエア予定と報じられている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携