Record China

ヘッドライン:

韓国企業がコロナ治療薬開発「一番乗り」に自信=韓国ネットから期待の声

配信日時:2020年3月25日(水) 12時10分
拡大
23日、韓国メディア・韓国経済によると、韓国バイオ医薬品大手のセルトリオンが、早ければ7月から新型コロナウイルス感染症治療用抗体医薬品の臨床に入ると明らかにした。写真は韓国のマスク。

2020年3月23日、韓国メディア・韓国経済によると、韓国バイオ医薬品大手のセルトリオンが、早ければ7月から新型コロナウイルス感染症治療用抗体医薬品の臨床に入ると明らかにした。

記事によると、同社のソ・ジョンジン会長が同日にオンライン記者会見を行い「6月中旬から臨床試薬を生産し、7月には患者に投薬できる見込みだ」と説明した。

欧米でも治療薬の開発が進められているが、ソ会長は「治療薬開発を進めている企業の中で、わが社が最も開発のスピードが速い」「1カ月に100万人分の治療薬を生産できる設備を備えており、一番に治療薬を完成させられるだろう」と自信を示したという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「新型コロナのせいで国家経済が危機に直面する中で、セルトリオンにかかる期待はとても大きい。政府は全面的に財政支援すべきだ」「いい結果が出ることを待ってます」「自信があふれている。応援しています」など、期待のコメントが多数寄せられている。

一方で「実際に作ってから言ってくれ」「それで、いつ薬は発売されるんだ?」「株価を上げるために騒いでるだけじゃないといいけど」などの声と、「何かあるから、ここまで自信を持って話しているのでは?」という反論も見られた。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング