Record China

ヘッドライン:

新型コロナ、ハリウッドの損失額は2兆円超か、中国と同じく映画館も軒並み閉鎖

配信日時:2020年3月22日(日) 12時0分
拡大
新型コロナウイルスの影響によって映画の公開延期や撮影中止が相次ぐハリウッドだが、3~5月の損失額は200億ドル(約2兆2200万円)にも上ると予想されている。
(1/2枚)

新型コロナウイルスの影響によって映画の公開延期や撮影中止が相次ぐハリウッドだが、3~5月の損失額は200億ドル(約2兆2200万円)にも上ると予想されている。

その他の写真

感染拡大の影響を受けて、今春に公開予定だった新作映画の「ムーラン」や「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」「ブラック・ウィドウ」「クワイエット・プレイス PART2」といった作品が次々と上映延期を発表。俳優のトム・ハンクスや、「007」ボンドガール役でも知られる女優オルガ・キュリレンコといったスターも感染を公表している。

米エンタメ誌「ハリウッド・リポーター」によると、世界的に上映中止に追い込まれているハリウッド映画の損失は現時点で70億ドル(約7770億円)に。3~5月の損失額は200億ドル(約2兆2200万円)に上ると予想しており、もし5月の時点で感染が抑制されていなければ、映画界の損失は計り知れないものになるという。

米国の映画館チェーン最大手「AMCシアターズ」は今月16日、国内にある約700カ所の映画館を一時閉鎖すると発表した。同じく映画館チェーンの「リーガル・シネマズ」や「ランドマーク・シアターズ」など複数の会社も、次々と映画館の閉鎖を発表している。

中国では新型コロナウイルスの感染拡大により、1月末から映画館や各地の撮影基地が軒並み閉鎖へと追い込まれている。1年で最も映画界が潤う春節(旧正月)シーズンを直撃したことも手伝って、この期間の映画界の損失額は100億元(約1550億円)規模と報じられている。(Mathilda

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング