Record China

ヘッドライン:

西洋人もついにマスクの重要性を意識するようになった―中国メディア

配信日時:2020年4月5日(日) 21時20分
拡大
3日、中国メディアの観察者網は、新型コロナウイルスの感染が拡大する欧米諸国では、最近になってようやくマスクの重要性が意識されるようになったと伝えた。写真はマスク。

2020年4月3日、中国メディアの観察者網は、新型コロナウイルスの感染が拡大する欧米諸国では、最近になってようやくマスクの重要性が意識されるようになったと伝えた。

記事は、米CNNが1日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにアジアではマスクを着用していたことは正しいことだったかもしれないと報じたと紹介。これまでマスク着用を推奨してこなかった国も、この先数週間のうちに感染防止のためマスクを着用するよう呼びかけるだろうと伝えた。

その上で、「感染の拡大が始まった時、アジア諸国の人々は感染予防のためすぐにマスク着用を始めたが、今では他の国も模倣するようになったということは、この種の方法が感染率を減少させ、ウイルスの感染拡大を制御できることを証明した」と論じた。

一方で、「これは西洋諸国の民衆にとっては困惑させられることだろう」と分析。これまで政府高官や医療機関は、マスク着用に意味はなく、マスクより手洗いと社会的距離を保つことの重要性を強調してきたからだ。

記事は、その例として、2月27日に「健康な人はマスク着用が必要か」とメディアから質問があった際、米疾病予防管理センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長は「No」と明言していたと指摘。2月29日には米公衆衛生局長官も「マスクを買うのをやめるように。マスクには新型コロナウイルス感染から一般市民を守る効果はない」とツイッターに投稿していたと伝えた。

しかし、こうした見方に対し米国のネットユーザーからは「なぜ医療関係者にはマスクが効果的なのに、私たちには効果がないと言えるのか」との疑問の声が出ていたと紹介。その後政府の見方は急に変化し、レッドフィールド所長は、現在ガイドラインの見直しをしていることを明らかにし、マスク着用を勧めるようになったと伝えた。

記事は、CNNも、一部の西洋メディアはこれまでアジアでマスクが「熱狂的に」使用されていたことを軽蔑的に報じていたものの、感染防止に効果的な方法であったことを事実は証明していると報じたと紹介。マスクをしない欧米と比べ、初期からマスクを着用した韓国や中国、台湾などでは明らかに感染拡大の阻止に成功していると指摘した。

また、香港大学の伝染病専門家のIvan Hung氏がCNNのインタビューに応じ、「香港のデータを見れば、マスクがウイルスの感染拡大防止の最も有効な方法であることが分かる」と述べたことも伝えた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング