Record China

ヘッドライン:

新型コロナ治療薬アビガンが韓国で使われない理由=ネット「NO JAPAN?」「治療のためとはいえ…」

配信日時:2020年3月24日(火) 10時40分
拡大
23日、韓国・マネートゥデイなどは、日本で新型コロナウイルス感染の治療に使われている抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」が韓国で使われていない理由について報じた。写真はソウルのバス。

2020年3月23日、韓国・マネートゥデイなどは、日本で新型コロナウイルス感染の治療に使われている抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」が韓国で使われていない理由について報じた。

中国科学技術省生物センターの張新民主任はこのほど「深セン市と武漢市に位置する医療機関2カ所で実施した臨床研究で、アビガンが新型コロナウイルスによる肺炎などに対して治療効果があることが分かった」と発表した。感染者340人を対象にアビガン研究を行った結果、投与された感染者は平均4日で完治した一方で、投与されなかった感染者は完治までに11日かかったという。

日本政府は先月からアビガンを新型コロナウイルスの治療に使用している。アビガンは富士フイルムホールディングス(HD)の子会社である富士フイルム富山化学が開発した抗インフルエンザウイルス薬で、2014年に日本で販売承認を受けた。ただし、毒性が高く、胎児に副作用が生じる恐れがあるため、既存の治療薬が効かない新型インフルエンザの流行時に使用できるという条件付きだった。

記事によると、韓国の医療チームはこの「毒性と副作用」を理由にアビガンの使用に懐疑的な反応を示している。韓国食品医薬品安全処は韓国内での使用が認められていないアビガンについて特例を適用する導入案を検討していたが、疾病管理本部は同処に対し使用要請していないという。

新型コロナウイルス感染症の主治医らから成る韓国中央臨床委員会でも、英化学誌「ネイチャー」などに掲載された論文を分析した結果、アビガンが新型コロナウイルスの抑制に効果がなく、副作用も深刻であることから「根拠不十分」とみているという。また、大韓感染学会・大韓抗菌要法学会・大韓小児感染学会の3学会も共同で「新型コロナウイルスの薬物治療に関する専門家勧告案」を発表したが、アビガンは含まれていなかったという。ただし、一部の専門家からは「万が一に備え、今後日本や中国で行われるアビガン治療や研究を中止すべき」との意見も出ているという。

これを受け、韓国のネット上では「どう見ても政治家の発言みたいじゃない?」「現政権は国民の命よりNO JAPANを選んだか」「文政権の反日の産物。程度の差こそあれ、副作用のない薬なんてある?うまく利用して使ってみるという考えもしないで、日本というだけで『駄目』というのはおかしい」「日中で効果があったのなら、韓国も臨床試験をして効果の有無を確かめるべき」などと訴えるコメントが相次いでいる。

一方で、「コロナ治療のためだからとはいえ、副作用を無視するのはよくない」と警鐘を鳴らす声をはじめ、「コロナ対応で世界最高の実力をみせてくれている韓国の医療陣の決定を支持する」「とりあえず韓国の死亡率は低い方。韓国の医療陣を信じよう」と韓国の方針に信頼を寄せる声も上がっており、あるユーザーからは「欧米が使い始めたら韓国も使えばいい」との意見も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング