Record China

ヘッドライン:

中国は靖国参拝への批判を恥じる日が来る=小泉元首相

配信日時:2013年11月14日(木) 6時30分
拡大
12日、小泉純一郎元首相は日本記者クラブでの講演で「首相による靖国神社参拝を非難するのは中国と韓国だけだ。中国は靖国参拝を批判するという大人げない対応をしたことをいつか恥じる日が来るだろう」と述べた。写真は靖国神社。
(1/2枚)

2013年11月12日、首相在任時の靖国神社参拝で中国・韓国との関係を悪化させた小泉純一郎元首相はこの日、都内の日本記者クラブで1時間半の講演を行った。講演の主題は「原発ゼロ」に関するものだが、小泉元首相は安倍晋三首相が靖国神社への参拝に意欲を示していることに賛同を示し、中国への対抗を継続するよう鼓舞した。環球時報が13日付で伝えた。

その他の写真

小泉元首相は「戦争犠牲者に哀悼の意を示すため、どの国の指導者も追悼施設を参拝している。首相による靖国神社参拝を非難するのは中国と韓国だけだ」とした上で、「中国は靖国参拝を批判するという大人げない対応をしたことをいつか恥じる日が来るだろう」と述べた。

小泉元首相はまた、安倍首相の中国への対応に共感を示した上で、「首相就任後、日中首脳会談はまだ実現していないが、中国も本心では困っているはずだ。首脳会談ができなければ、他の分野で交流を進めればいい」と述べた。

小泉元首相はさらに、靖国神社問題が日中関係の障害にはならないとした上で、安倍首相の靖国参拝を支持した。尖閣諸島問題については、「日本政府は態度を変える必要はない。最も重要なのは、日本の立場をはっきり表明することだ」と述べた。(翻訳・編集/NY)

関連記事

ペンキスプレーで靖国参拝に抗議、元中国人留学生「両国の平和、中国の日本超えで実現」―中国メディア

20日、小泉純一郎元首相の在任当時に、靖国神社の石像にペンキスプレーで「死んでしまえ」と書いて逮捕された中国人の馮錦華氏はこのほど、香港・フェニックステレビの取材に応え、日本について語った。写真は靖国神社。

Record China
2013年9月20日 16時21分
続きを読む

ランキング