Record China

ヘッドライン:

韓国の新型コロナ流行、明らかに緩やかに―中国メディア

配信日時:2020年3月26日(木) 13時50分
拡大
26日、人民日報は、韓国で新型コロナウイルスの感染拡大ペースが明らかに鈍化したと報じた。写真は韓国・大邱市。

2020年3月26日、人民日報は、韓国新型コロナウイルスの感染拡大ペースが明らかに鈍化したと報じた。

記事は、韓国の中央防疫対策本部が25日、24日午前零時から25日午前零時までの24時間で新たに確認された感染者数が100人だったと発表したことを紹介。「現在、韓国のウイルス感染ペースは明らかに鈍化している」と伝えた。

そして、韓国では2月23日に新型ウイルスの警戒レベルを最高の「深刻」に引き上げ、早期の発見、隔離の原則に基づき、特定層や感染拡大地域で広く検査を実施する取り組みを続けてきたとし、現在までにすでに30万人以上が(ウイルスの有無を調べる)PCR検査を受けたとしている。

また、韓国政府は感染者の位置情報や消費記録から行動経路を特定して公開しているほか、付近で感染者が出た場合にはスマートフォンを通じて「緊急警報」を発して市民に注意を呼び掛けていると説明。政府機関や多くの企業が在宅ワークやフレキシブル勤務制度を導入するなど、人が密集した状態をつくらないような取り組みも行われており、ソウル有数の繁華街である明洞でも多くの店が「臨時休業」の通知を掲げていると伝えた。

一方で、韓国ではなおも集団感染の事例が発生し続けていること、欧州からの入国者の感染例が増えていること、深刻なマスク不足が続いていることも指摘。それぞれの問題に対し、政府が感染抑制に向けた措置を講じているとした。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

ランキング