Record China

ヘッドライン:

韓国、新型コロナ対策の重要な時期に突入―中国メディア

配信日時:2020年3月23日(月) 17時50分
拡大
22日、中国国営の新華社通信は、韓国の新型コロナウイルス対策は重要な時期に入ったと伝えた。写真は韓国の薬局。

2020年3月22日、中国国営の新華社通信は、韓国新型コロナウイルス対策は重要な時期に入ったと伝えた。

記事は、韓国政府が21日、国民に対して15日間、各宗教団体の施設や屋内スポーツ、娯楽施設を閉鎖するよう要請したと紹介。国民に対しても協力を求め、旅行や集会に参加することを控え、発熱やせきなどの症状がある人は在宅ワークとするよう呼び掛けたと伝えた。

また、丁世均(チョン・セギュン)首相が「今後半月が新型コロナウイルスとの戦争で勝機をつかめる決定的な時期」と述べ、「この特殊な状況において防疫に関する指針に従うよう国民に強く求め、従わない場合には行政命令を下して制限や禁止とする」と表明したことに言及。「行政命令に従わない場合、政府は強制的に施設を閉鎖し、300万ウオン(約26万円)以下の罰金、及び感染による入院や治療費などの賠償を科すなどの法的措置をとる」と説明した。

続いて、「韓国政府は各学校の新学期の開始を3回延期し、最新の発表では4月6日にするとした」と紹介。聯合ニュースの報道を基に、「韓国政府は防疫措置のレベルを上げ続けることで、さらなる感染拡大を防ぎ、学校のさらなる再開延期を避けたい構えだ」と伝えた。

記事はさらに、「韓国政府は20日、欧州から韓国に入国するすべての人に対し、22日から新型コロナウイルス検査を行うと発表した。長期滞在者に対しては14日間の自宅または施設での隔離を実施することで、新型コロナウイルスの流入を防ぐ方針だ」と伝えた。

このほか、「韓国の中央災難安全対策本部は21日、韓国政府が1000部屋の臨時生活施設を手配しており、欧州からの入国者を隔離できるようにしていることを明らかにしている。これらの施設は仁川舞衣島のSK研修院など7施設で、それぞれの施設に医者と看護師20人、臨床病理医師12人の計52人の医療スタッフ、地方政府が派遣する220人余りのボランティアが配置されるという」と伝えた。

聯合ニュースによると、最近では欧州から韓国に入国した人の感染確認が増加しており、今月に入ってすでに40人を超えたという。韓国政府は、22日までに1000人以上が欧州から韓国に入国すると予想しており、さらなる検疫措置が必要かどうか監視測定を強化するとしている。(翻訳・編集/山中)

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング